薬は毒である

理解しておくべきことは、
「薬で病気を治せない」ことです。


風邪薬や、高血圧、糖尿病といった
生活習慣病のクスリなどが代表的ですが、
これらは症状を抑えるものであって、

病気を治すクスリではありません。

201609171.jpg


風邪薬は、
熱を下げたり鼻水を止めたり、
症状を抑える効果はありますが、
風邪そのものを治すわけではない。

熱を下げようと思って
解熱剤を飲み続ける人もいますが、
無理に熱を下げる必要はありません。

発熱しているということは、
まさにいま体の中で
異物を排除するために防御反応が起こっているということ。
その反応を無理に抑えてしまうと、逆に治りが遅くなってしまう可能性もあります。

仕事などがあって、どうしても熱を下げないと困るというときにだけ、解熱剤を飲めばいいのです。

また、解熱剤と同様にロキソニンなどの鎮痛剤も、
痛みは抑えられても、痛みの原因を取り除けるわけではないですし、
長く飲み続ける性格のものではありません。

日本では抗生物質の消費量も他国に比べて多いようですが、
投与を続けることで耐性ができ、
肝心なときに効かなくなってしまうこともあるのです。

超高齢社会の到来に伴って、
外科的な処置よりも体に負担が少ない内科的治療を選ぶ人が増え、
クスリの消費量はさらに増加していくでしょう。

高齢者はとくにクスリの飲みすぎに気をつけてほしいと思います。











「クスリは飲んではいけない!?」(船瀬俊介・著)

201609172.jpg


「痛み止め(消炎鎮痛剤)は飲むから痛みがひどくなる!」

◆飲むから痛みはひどくなる。

“痛みどめ”は「病をつくるクスリ。
使い続けてはいけない」(安保教授)さらに「飲むから痛みはひどくなる」。

服用しているあなたは、耳を疑うでしょう。

「“痛みどめ”のおクスリを出しておきましょうネ」

医者はやさしく言う。
ありがとうございます。こちらは、少し頭を下げる。
どんな病院でも、見かける光景だ。

そもそも“痛みどめ”の薬って、いったいなんだろう?

それは、頭痛、腰痛、ひざの痛みから生理痛まで処方される。
それどころか歯医者さんまで抜歯のあと
「“痛み止め”飲んでくださいね」と出す。

これらをお医者さんの世界では、消炎鎮痛剤と呼ぶ。
文字通り「炎症」を消して、「痛み」を鎮めるために投与する。

患者が訴えるとありとあらゆる「痛み」に用いられる。

患者は、「これで痛みがとれる。ありがたい」と、
医者に感謝する。
医者の言うとおり、まじめに服用する。
しかし、それが思わぬ悲劇の入り口となる。
そんなことは、誰も気づかない。
知りもしない。 医者は、絶対に教えてくれない。

◆やめれば痛み、病気も治っていく

これら“痛み止め”の薬は、大別して三種類ある。

①解熱鎮痛剤(昔からある)
②非ステロイド系・消炎鎮痛剤
③モルヒネ

たかが“痛み止め”なのに、こんな種類があることにビックリしてしまう。
安保教授は、「消炎鎮痛剤を常用してはいけない」と厳しくいましめる。

「体調が悪い、病気がなかなかよくならない。このような場合は、何か薬を常用していないかどうか振り返ってみましょう。たとえば頭痛持ちの人や、生理痛で悩んでいる人は、痛みがくるたびに“痛み止め”(消炎鎮痛剤)を使っていませんか」(『「薬をやめる」と病気は治る』 安保徹著)



消炎鎮痛剤を「使い続けてはいけない」理由は

「作用が強い」、
「交感神経を緊張させ」、
「血流障害をおこし」、
「顆粒球が組織破壊する」、
「炎症を起こし痛む」…。

痛みの原因は、“痛み止め”だった!
『「薬をやめる」と病気は治る』は、まさに言い得て妙。
現代医療に対する皮肉というより笑い話だ。

薬の量を減らしたり、薬をやめたりすることで、
現在抱えているさまざまな不調や病気は治っていきます。
あきらめることはありません。
これこそ、本書が一番伝えたい真実だ。

“痛み止め”も同じ。痛みから解放されたかったら、痛みどめをやめなさい。

◆痛みはクスリの禁断症状


痛みを引き起こすのは体内の
プロスタグランジンと呼ばれる成分。

消炎鎮痛剤はこの成分を減らす。
よって知覚神経がマヒし痛みは、“一時的”に和らぐ。

痛みが起こるそもそもの原因は、血流障害です。
消炎鎮痛剤でプロスタグランジンの産生を無理に抑えてしまうと、
血管が閉じ、血流障害はさらに悪化します。

知覚が鈍麻(どんま)して痛みがおさまっても、
根本原因である血流障害は改善されないままです(安保教授)

やれやれ、痛みがとれた、と安心して “痛み止め” を飲むのをやめる。
すると、体は血流を再開させるために、
再びプロスタグランジンを動員して血管を開く。

また痛みがぶり返す。

だから、また“痛み止め”を飲む。

まさにいたちごっこ。

早くいえば、消炎鎮痛剤が切れた禁断症状が“痛み”なのです。

だから頭痛持ちなら、「頭痛薬」が手放せなくなる。
病院がドラッグ中毒患者をつくっている。

「非ステロイド抗炎症解熱剤で脳症になる!」浜六郎医師も警告している。
「動物実験でもこの解熱剤を投与した群は 死亡例が10倍に跳ね上がる」という。

◆病院ではまる “悪魔のサイクル”

消炎鎮痛剤の悲劇は、さらにここからが始まりだ。
この薬剤は常に交感神経を緊張させ、慢性的な血流障害を起こす。

「血流障害は全身の細胞の活力を奪い、さまざまな病気を招きます。
消炎鎮痛剤を常用している人の中には、血流が途絶えてしまうために
冷えや耳鳴り、めまい、頭痛、腰痛を併発している人が少なくありません」(安保教授)

さらに長期使用していると
、「怒りのホルモン」と呼ばれるアドレナリンが増加する。
これは毒蛇の毒の二、三倍といわれる毒性をもつ。

それが体内をめぐる。だから気分が悪くなる。イライラ、ムカムカする。

「それに連動して顆粒球が増加し、活性酸素が治療発生し、
組織破壊が進みます」(安保教授)


あなたが腰痛を患って、医者を訪ねたとしよう。

<腰痛 → 消炎鎮痛剤を使う → 腰の痛みがぶりかえす →
 消炎鎮痛剤を使う → 交感神経の緊張 → 顆粒球の増加 →
  血流障害 → 組織破壊(炎症)→ 痛み悪化 → 消炎鎮痛剤の増量 >

「病院に通ってるけど腰痛がひどくなった」という人は、
このサイクルに引きずり混まれているのだ。

さらに交感神経緊張は
<……リンパ球減少 → 免疫力低下 → 発ガン・感染症 ……>
など万病を 招き、さらなる悲劇を引き起こす。

◆病院でさらに地獄のクスリ漬け


たかが “痛みどめ”されど“痛み止め”…。
それが引きおこす病気の数には、めまいがする。

これらの症状に悩むひとは、
まさか、それが医者が処方してくれる鎮痛剤が、
引き金とは死ぬまで気がつかない。

--「便秘」、「排尿障害」、「口の渇き」、「不眠」、「高血圧」、
「疲れ」、「だるさ」、「不安」、「恐怖」、「やつれ」、「頭痛」
、「腰痛」、「不妊」、「頻尿」、「関節痛」、「子宮内膜症」、
「胃かいよう」、「胃炎」、「痔」、「歯槽膿漏」、「白内障」、
「急性肺炎」、「膵炎」などなど。 <中略>

◆おなか、お尻が氷のように冷たい

「消炎鎮痛剤」は炎症を抑えて痛みをとる。
そのために血流を止めて患部を冷やす。つまり血流障害を起こす。
常用しているひとは、全身が血流障害となる。だから全身が冷える。

痛み止めを使っているひとは、体がものすごく冷えている。
手足やお腹、お尻がまるで氷のように冷たい。

これは臨床現場の医師達の証言。
さらに「消炎鎮痛剤を長く使っている人で、頭痛に悩まされている人があまりに多い」。

昔から「冷えは万病のもと」という。
あらゆる病気は血流障害、つまり「冷え」から発病する。
だから”痛みどめ”(消炎鎮痛剤)は、「悪魔の薬」でしかない。

最期に待つのが発ガンだ。

「ガン細胞は低体温ほど増殖が激しい」からだ。

痛みどめ → 低体温 → 発ガン・抗ガン剤・放射線 → 免疫力低下 → ガン悪性化 → 衰弱 → …死亡……。

この死のサイクルをたどった犠牲者は、何十万人もいるだろう。





美味しくて、安くて便利な食品たち

私たちの生活は
快適さを求めるあまり、大変な状況になっています。

が、知らないことが多す過ぎるようです。

今回は「食品添加物」をとりあげます。

前回、「トランス脂肪酸」の記事を書きましたが、
「トランス脂肪酸といわれてもピンとこない」
「なんなのそれ!」程度で、よく分からなかったようです。

トランス脂肪酸の記事はここをクリック



資本主義社会の競争を生き抜くために
世界の各企業は努力と思索を重ねる結果、
味覚は化学反応であることを突き止めました。

本物を使わなくても
本物よりおいしく
簡単で便利な方法を
化学で作り出しました。


それが、
「食品添加物」です。
生産は
「農薬・遺伝子組替」で増産しています。



私たちが時代に求めたのは
「効率・能率・生産性」です。

その結果が今の時代です。

食品添加物はあらゆるものに利用されていますが
その安全性は、未知数です。誰もわからないうちに発展しました。

201609168.jpg



美味しいラーメンスープも
(多くのチェーン店で使用)
化学式で表し、安く簡単に作り出せます。

食品添加物で食品を作る動画



コンビニの弁当を作る動画

子供から大人までみんなが大好きで、
安価で、24時間365日いつでも美味しい、
今や国民食とも言える「コンビニの弁当」。

あの魅力的な味はどうやったら再現できるのか?
なぜキレイなまま、食品棚にずーっと並んでいるのか?
そもそも、なんであんなにお手軽な値段で買えるのか?




カビが生えないハンバーガー

【実験】マクドナルド、バーガーキングなど、
全米ファーストフード7社のハンバーガーをビンに入れて30日間放置。
驚きの事実!?

201609162.jpg


2014年10月公開(アメリカ)
大手ハンバーガーチェーンの30日放置テスト



詳しい記事はここをクリック



中国で実験開始
マクドナルドのハンバーガーとポテトは本当に腐らないのか?。その結果・・・

「マクドナルドのチーズバーガーとポテトは1年たっても腐らない」として、
米国デンバーの女性栄養士がその過程の写真をネット上に公開。

「マクドナルド製品には過剰に防腐剤が使用されている」として、
そのニュースが中国でちょっとした話題になったわけなんだ。

これを受けてマクドナルド中国では
「中国のマクドナルドは安全性を重視している。
また、消費者の安全を保証するため、
政府が定めた関連規定を遵守している」と発表。

だがしかし、これまでも食の安全性では
ことごとく痛い目を見て来た中国の一般人は、
疑心暗鬼になっており、上の言うことはあてにならないということで、
一人の中国ネチズンが自ら実験してみることにしたのだそうだ。

詳しい記事はここをクリック



マクドナルドは腐らないという定番ネタ

インターネットの海を漂っているとマクドナルドのハンバーガーは腐らない。
そんな記事を数年に一度目にする。

そこで実験をした結果は(ネタバラしあり)

詳しい記事はここをクリック





タイのジカ熱感染、今年に入り279人

タイのジカ熱感染、今年に入り279人
2016年9月15日(木) 18時09分(タイ時間)

【タイ】タイ保健省は15日、
ジカウイルス感染症(ジカ熱)について、
タイ国内で今年に入り279人の感染が確認されたと発表した。

このうち33人は妊娠中に感染した。
8人はすでに出産し、赤ちゃんに異常はなかった。

9月5―11日では、
バンコク、ノンカイ、ジャンタブリ、
ペチャブン、ナコンラチャシマ、ロッブリの
1都6県で23人の感染が確認された。

ジカ熱はジカウイルスに感染することで起こる感染症で、
妊娠中にジカウイルスに感染すると、
胎児に小頭症などの先天性障害が起きる恐れがある。

世界保健機関(WHO)は今年3月、感染地域への妊婦の渡航自粛を勧告した。

日本の外務省は今月13日、
タイでジカウイルス感染症が発生しているとして、
妊娠中または妊娠予定の女性に対し、可能な限り渡航を控えるよう呼びかけた。






,

トランス脂肪酸

私の好きなもの

201609151.jpg


クッキー、食パン、菓子パン、チョコレートのお菓子、
アイスクリーム、インスタント食品

ファーストフードの
ハンバーガー、フライドチキン、ドーナツ、フライドポテト

日本に一時帰国したときには
コンビニ弁当、おにぎり、おでん、などなどなどーーーーー

ぜーーーんぶ トランス脂肪酸入りです


アメリカが2018年から禁止すれば
いずれ、日本も禁止に動くでしょうが、
食品の賞味期間の長いものには手を出さないことです。








ちょっと辛口評論 武田教授



食品保存期間が長く、カビが生えないよう
トランス脂肪酸をメーカーが多用していますが
それが現代病の原因の一つです。

アメリカ人に対して日本人は
摂取量が少ないなんてことはありません。

私の住んでいるタイだって
この問題は、数年前から大騒ぎしています。
マスコミやTV、ユーチューブの動画でも
大きく取り上げられています。


「ただ、外国人は知らないだけ」です。

タイ語を理解しない、できないことでの
ハンディキャップは計り知れません。





タイの手ぶら体操

健康法の「手ぶら体操」を
このブログでも紹介しました。

記事はここをクリック


今回はタイで行われている
「手ぶら体操」を紹介します。

201609142.jpg

201609141.jpg

「前に30° 後ろに60°」
キープ角度が決まっています。

一日5分の手ぶら体操は
簡単で効果が間違いなくあります。







飲み忘れてしまった薬、2回分飲んでもいい?

飲み忘れてしまった薬、2回分飲んでもいい?

【問題】1日3回食後に服用する薬のうち、
     昼食後の分を飲み忘れてしまいました。

気付いたのが夕食直前の場合、
対処法として正しいのは次のうちどれでしょう。

(1)すぐに昼食後の分を飲む
(2)昼食後の分は飲まずに、夕食後に1回分飲む
(3)夕食後に2回分飲む

question_mark_serious_thinker_sm_wm.gif

正解は、(2)夕食後に1回分飲む です。


「薬を飲むのを忘れてた!」忙しい人ほどよくあることです。

 飲み忘れに気付いた時点で、薬を飲むか・飲まないかは、
  「次の服用タイミングがあとどのくらいでやってくるか」で判断します。

 まず、薬はどのくらい空けて飲めばいいかを頭に入れておきましょう。

 1日3回飲む薬は最低4時間、
 1日2回の薬は最低6時間、
 1日1回の薬は最低8時間
 空けるのが望ましいといわれています。


 次に薬を飲むまでの時間がこれらの半分より長い場合
 「1日3回」は2時間以上、
 「1日2回」は3時間以上、
 「1日1回」は4時間以上は、
 気付いた時に忘れた分を飲んでも問題ありません。

 服薬間隔の半分の時間より短い場合は、
 忘れた分は飲まずに、次から正しく飲むようにします。

 血中濃度が上がりすぎてしまい、副作用のリスクが高まります。

201609061.jpg




タイ生活一口メモ
野菜や果物の農薬類を洗い流す。

「ベーキングソーダ」小さじ1を
「たらい」に入れてよく溶かし、
野菜、果物などを1時間以上浸しておく。

201609062.jpg



今日のご飯 2016年9月6日

朝食兼昼食 
 ご飯玄米(三種類混合)
 パックラの卵焼き
 リンファーの炒めもの
 野菜 

 201609065.jpg

 デザート バナナ リンゴ 黄色のピーマン

201609069.jpg

夕飯
 ご飯玄米(三種類混合)
 パックラの卵焼き(昼間の残り物)
 リンファーの炒めもの(昼間の残り物)
 カボチャ煮
 野菜 
 漬け汁2種類

201609071.jpg
  
    
庭にある野菜たち

パックラ

201609066.jpg


リンファー

201609063.jpg






究極の治療法 断食

絶食の科学

2016091.jpg


近年はダイエット法として注目を浴びている
「断食」(ファスティング)ですが、正しい知識をもって
試すことをおすすめいたします。

「絶食の科学」の動画


現代医学は悪くなった部位を
「切る、煮る、焼く」を基本に投薬をします


症状を抑えて、緩和します。

それに対して東洋医学は
人体を一つの宇宙としてとらえます。

今風の言葉で言えば
「免疫力を上げて自然治癒」させるわけです。

断食法は言葉からわかるように
「食を絶つ」わけで、究極の免疫力回復法です。




認知症革命その2

NHK認知症革命の後半

「最後まで、その人らしく」

20167262.png


「認知症になっても、その人らしく穏やかな人生を生きていく」
ためのヒントを探る。

日本では、“認知症”と診断されると、
本人も家族も絶望的な思いにとらわれる人が少なくない。

しかし、認知症の人が何を感じ、考えているかを探る研究から、
「認知症になるとすぐに何も分からなくなる」訳ではなく、
認知症の人の心に目を向け“本人重視”の接し方を取り入れることで、
家族や介護者の多くが頭を悩ませている妄想や暴言・暴力などの
症状や行動を大きく改善することが明らかになってきた。

こうした最新の知見も踏まえ、
いま世界では「認知症になってもより良く生きられる社会」を目指した
社会変革 “認知症革命”が始まっている。


認知症と共により良く生きる方法とは?
国内外の先進事例を紹介しながら、その最前線に迫る。


NHK認知症革命その2の動画です








,

認知症革命その1

認知症の人が、
今後ますます急増していくと予測される日本で、
今私たちは何ができるのでしょうか。

認知症予防のカギ!MCI(軽度認知障害)

認知症の予防のカギとして注目されているのは、
“MCI”(軽度認知障害)。認知症の一歩手前の段階です。

MCIの人は、必ず認知症になるわけではないことも判明!
認知症の段階ではなく、MCIの段階で見つけられれば“予防の道”へ進むことができます。


歩行速度で認知症のリスクがわかる!

20167251.jpg

NHK認知症革命の動画です




MCIの前兆と対策

20167252.jpg

20167253.jpg


運動

早歩きなどの有酸素運動と筋肉トレーニングを行うことです。

おすすめは「ちょい足しウオーキング」。
歩幅を5cm広げると体にかかる負荷が増えます。
心拍数の目安は120程度です。

食事

特に日本人は塩分の摂取量が多いため、塩分を控えるのはお勧めです。

認知トレーニング

フィンランドでは神経衰弱のようなゲームなどを行いました。囲碁や将棋なども。


健康管理 血圧などの管理や生活習慣病の対策をおこないます。