「糖質制限」で末期がん患者の8割が改善

「糖質制限」で末期がん患者の8割が改善


「糖質制限」で末期がん患者の8割が改善 衝撃の研究結果

多摩南部地域病院外科医の古川健司氏(医学博士)

「三大治療」と呼ばれる手術、抗がん剤、放射線によるがん治療は日進月歩だが、

「末期がん患者の8割が改善された」という衝撃の研究結果が発表された別の治療法がある。

意外なことにそれは、最新技術とは一切無縁の食事療法だった。


主食のご飯やパン、麺など炭水化物に多く含まれる

糖質の摂取量を減らす食事法「糖質制限」は、

糖尿病患者などに効果があることで知られるが、

がん患者への効果を示すエビデンスはこれまで存在しなかった。

そんな中、糖質の摂取量をゼロに近づける“究極の糖質制限”になると、

がん治療にも効果が見られたという臨床研究データが発表された。

大腸がんや乳がんなどステージIVの末期がん患者を対象に、

世界初の臨床研究を行なったのは多摩南部地域病院外科医の古川健司氏(医学博士)である。


古川氏が語る。

「がん細胞は炭水化物から合成されるブドウ糖を栄養源としています。

しかも正常細胞の3~8倍のブドウ糖が必要。

ならば、それを断つことでがんの進行を抑制できないかと考え、2015年1月に研究を開始しました。

19人の末期がん患者に抗がん剤などの既存の治療と、

糖質制限による食事療法を3か月続けたところ、予想以上の効果が出た。

がんの症状が消失した完全寛解が5人、がんが30%以上消失した部分奏効が2人、

進行を制御した例が8人、一方で病状が悪化した例は3人という結果でした。

完全寛解率28%、部分奏効や進行制御も含めた

病勢コントロール率(治療効果のあった患者割合)は実に83%に達しました」




患者の大半は三大治療では治る見込みが薄かった

末期患者であることを考えると、驚異的な数字といっていいだろう。

※週刊ポスト2016年12月2日号




,

天国歩きと地獄歩き

健康.介護予防一口メモ

<天国歩きと地獄歩き>
   
タイで暮らしていると

足元が悪いので特に女性の方は捻挫をする人が多いようです。


段差や階段の上がり下りは一苦労の方が多いのではないでしょうか?


どちらの足を先に出したらいいのか戸惑い、

体のバランスを崩し、痛みがひどくなることがある。



そんな時に役立つのが

「天国歩きと地獄歩き」です。

まず段差や階段を上がる時。

上がる時は健康な足が先。

つまり「良いほう」だから「天国」。

そして悪い方の足を良い方の足と同じ階段に上げていく。

階段を上がる時はこれを繰り返す。

降りる時は逆になる。

「悪いほう」の足が先だから「地獄」。

そして良い方の足を悪い方の足と同じ階段に下ろす。

これは、悪い方の足の負担をできるだけ少なくするための方法。

「天国と地獄」のル-ルで一段ずつ足をそろえて上り下りするのがポイント。

もちろん、手すりにつかまることや誰かに支えてもらうといった介助があれば万全。 

捻挫や足のケガをして、まだ痛みが残っているときは、

段差や階段の前で「天国と地獄」と唱えて一呼吸---。

どちらの足を先に出すか確認すると、安全に楽に上り下りができますよ。

(情報提供:JICAシニアボランティア・チェンマイ大学作業療法学科・渡邊邦夫様)



手すりを使って階段での歩行方法



階段を上る場合
 
手すりを握って、健側(ケンソク:障害もしくは麻痺のない側)の足を上げます。
 
麻痺している側の足を上げて、両足が乗ったかを確認します。

201611241.jpg

階段を下りる場合
 
手すりを握って、麻痺している側の足をまっすぐに下ろします。
 
健側の足を下ろします。両足がのったか確認します。


201611242.jpg



エレベーターにおける注意点

エレベーターは、人間のタイミングで必ずしも動くものではありません。

扉が完全に開いていることを確認して、杖(ツエ)を扉の内側について、

麻痺(マヒ)症状がある側の足から乗るようにします。


特にエスカレーターは、

足を乗り入れるときの地面が動いていて、

タイミングを合わせなければ転倒してしまうことも多々ありますから、

危険ですのでできるだけ避けたほうがよいでしょう。




もしも犬にかまれたら 怖い!狂犬病

<動物に噛まれたら>

 「散歩をしていて犬に噛まれた」と言う話をきくことがあります。

犬や猫の口内には多くの黴菌が生息しています。
噛まれたり引っ掻かれたりすると、破傷風、狂犬病、猫引っ掻き病、パスツレラ病などの
病気の危険性があります。すぐに石鹸を使って患部を洗い、急いで病院へ行きましょう。

<怖い狂犬病>

こうした病気の中でも、怖いのが狂犬病です。

狂犬病は、発症したらほぼ100%死に至ります。

タイを含むアジアでの発症例が多く報告されていて、
WHOの報告によれば毎年、5万人以上が死亡しています。

犬に多いため「狂犬病」と呼ばれていますが、
犬だけでなく猫、リス、アライグマ、ヤギ、豚など、すべての哺乳類に保菌の可能性があります。

症状は2週間程度で現れるのが普通です。
ウイルスが脳神経組織に到達した段階で発病しますので、
足など患部が頭部から遠いほど、発症するまで時間がかかります。

まず、風邪に似た症状が現れます。

次いで不安感、恐水症(水を嚥下する時に痛みを感じるので、水を見るだけで怖くなる)が現れます。
こうなると、助かる見込みはありません。

<狂犬病ワクチン>

日本はイギリスなどとともに狂犬病清浄地域です。
生後91日以上の犬は1年に1回予防ワクチンの注射を受けることが義務付けられています。

従って、日本国内での危険性は少ないと言えますが、野生化したペットなどが狂犬病に
かかっている可能性も否定できないことなどから、日本国内でも安心はできないと指摘する専門家もいます。
  
日本では、病院でもワクチンを常備していないのが普通です。そのため、
海外旅行中に動物に噛まれた人が帰国し、なかなかワクチンの接種をしてもら
えなくて困ったという例もあります。

タイでも日本同様、犬に予防注射をする義務がありますが、
実際は予防注射をしていない飼い犬が数多くいます。

野良犬に至っては、ほとんどしていません。
また、猫など他の動物には予防注射の義務さえありません。

2001年の調査によれば、タイ国の犬猫の33%が陽性と言いますから、
非常に危険な環境といえます。

タイでは、どこの病院でも狂犬病ワクチンを持っています。
噛まれたり、引っ掻かれたりしたら、感染を疑わなければなりません。

こうした感染の機会があった場合、すぐにワクチンを注射しなければなりません。
菌は、傷口からゆっくりと、しかし確実に脳に向かいます。

脳に到達する前にワクチンで食い止めなければなりません。
  
ワクチンの接種は、当日、3、7、14、28日目の合計5回必要です。

犬や猫を飼っている人は、予め予防注射をしておいた方が無難でしょう。
その場合は当日、3日目の、2回の接種で済みます。

SCCニュース第1号より