ヒーリングアート パステル画

パステル画をご存知でしょうか?

癒しのアートとして、最近注目を浴びています。


初めて書いたよ。(写真)
201703285.jpg




小学5年生以上(ランパーン県在住)を対象に

チェンマイ在住の書家、船田明子氏に指導して頂きました。


201703287.jpg

パステル画アートは見る人だけでなく

書いている本人が、癒される絵画で

ヒーリングアートの真骨頂です。


作品と書いた人たちの写真です。

2017032810.jpg

2017032811.jpg

201703286.jpg

201703284.jpg

201703283.jpg

201703282.jpg

全員がタイ人で、初めて書きました。



参加者全員の写真は撮れなくて、残念です。

2017032814.jpg








すでにあるものへの視点—タイの高齢者ケアからの学び—

タイの高齢者問題を研究取材に来た

東京大学の麻田玲さんから

投稿記事をお寄せいただきました。

(チェンマイ介護研究会も取材に協力をいたしました。)



すでにあるものへの視点—タイの高齢者ケアからの学び—

と題して、タイにおける老人介護を取材したレポートです。



下記URLから記事を見られます。

http://www.nippon.com/ja/features/c02812/


興味のある方はご一読ください。





海外移住、ロングステイの心構え

◇ある記事より:海外移住、ロングステイの心構え◇

2016102.jpg


海外移住やロングステイをする上で最も大切なことは、

滞在している土地の習慣や決まりごとについて

良く知ること、そしてそれらを受け入れた上で、

その土地の人々の暮らしを尊重しつつ生活して行くことです。

   
ロングステイは、

行動を起こし実践する側だけの動きではありません。

それを受け入れてくれる国や土地の人々の受け入れ体制があるからこそ成り立つのではないでしょうか。

その地で充実した生活を過ごしていくためには、

まず自分が滞在する国やその土地の情報を掴み知識を得ることなど、じっくり時間をかけた準備が必要です。


また、現地にいる日本人のみと交際するのではなく、

土地の人々と交流しその暮らしぶりを知ることで、生活スタイルや価値観、

その土地の良さをあらためて認識することができ、より充実した生活を過ごせることができるでしょう。

  
「経済格差の恩恵で安価な生活を過ごせる」という目的だけで滞在するような発想のみではなく、

現地の人々と同じ位置に立って現地のものを購入し、現地のサ-ビスを利用し、

現地で生産されたものを食していく。

そうした暮らしの中で、お世話になっているその土地や国への貢献をしていくことも大切です。

SCCニュース第3号より