記事一覧

 薬に御注意 !

■□■…………………………………………………………………………………
   薬に御注意 !      
…………………………………………………………………………………■□■

皆さん注意しましょう!

副作用の恐れがあるため高齢者に「不適切」とされる薬が、

在宅医療を受ける高齢者患者の40%に処方され、

うち8%の患者に薬の副作用が出ていたということを厚労省研究班がまとめました。

---読売新聞12月28日号


薬の種類 / 副作用の例 / 発生件数
===========================================
ベンゾジアゼピン系(睡眠薬、抗不安薬)
ふらつき、眠気、物忘れ、幻覚 / 103件

スルピリド(胃腸薬、精神症状改善薬)
ふらつき、ふるえ、便秘、歩行困難 / 11件
 
ジゴギシン(心不全治療薬) 
食欲不振、中毒、むかつき、吐き気 / 9件
 
チクロピジン(抗血栓薬)
胃腸障害、内出血、脳内出血 / 4件
   
抗コリン作用の強い抗ヒスタミン薬(抗アレルギ-薬)
口の渇き、ふらつき、不快感 / 4件
   
高齢者は、薬の代謝機能が衰えるため副作用が出やすい。

近年欧米では、高齢化に伴って社会問題になり、

学会等が高齢者に避けるべき薬のリストを作っている。

日本でも同様の基準はあるが、医療現場では浸透しておらず、

高齢者に深刻な副作用が出たとの報告が相次いでいる。


SCCニュース第7号より




スポンサーサイト

訪問者数

プロフィール

チェンマイ介護研究会

Author:チェンマイ介護研究会
設立趣旨と理念

SCCニュースPDF版


ようこそ!
せっかく暖かい温暖なタイに移住した方が、体力に自信がなくなり、病気になったのをキッカケに帰国される方を多く見かけるようになりました。

私たちは治療より予防を目指し、自分自身で健康を管理し、もしもの時、温かい北タイで年金の範囲で、介護が受けられる仕組みづくりを目的に介護研究会を立ち上げました。

各活動は「調査」「研究」を基本とし、その結果を北タイ高齢者の皆様へ提案、提言してまいります。

名前は北タイの代表的地名である
「チェンマイ」を冠にしました。


<会の名称>
「チェンマイ介護研究会」
<設立年月日>
2013年12月26日

介護研究会では御意見、
御提案をお待ちしています。


メール送信はこちら


チェンマイ介護研究会一同