日本の老人ホ-ム、介護施設の費用、料金

◇老人ホ-ム、介護施設の費用、料金◇

日本において老人ホームをはじめとした介護施設に入居するのに、

料金、費用がどれくらいになるのか気になる方も多いことでしょう。

有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホームなどの

介護施設の種類、また入居予定者の要介護度や健康状態により、

入居時にかかる費用や月額で必要になる費用が異なってきます。

また自治体によっては補助金が出たり税金の控除があったり---と、その仕組みはかなり複雑です。



< 有料老人ホ-ムの費用の目安 >
 
( 種類 )      ( 入居金 )       ( 月額利用料の目安 )
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 介護付有料老人ホ-ム  0~1億円
 
 住宅型有料老人ホ-ム  0~1億円      12~40万円

 健康型有料老人ホ-ム  0~数千万円以上

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これらの施設の特徴は、一般的には終身利用権方式といわれる契約方式で、

入居一時金と月額利用料、介護保険1割自己負担額、その他が必要になる。

近年では、入居時に入居時一時金が0円になる代わりに

月額利用料が比較的高めに設定されているプランが増えつつある。



< その他民間施設の費用の目安 >

◎サービス付き高齢者向け住宅  
入居金:敷金として家賃の2~3ヶ月   
月額 :5~25万円

◎グループホ-ム             
入居金:10~100万円         
月額 :12~20万円

* 「サービス付き高齢者向け住宅」は、賃貸借方式といわれる契約方式が多く、

一般的な賃貸契約と同様に入居時に敷金、礼金や前払い賃料などが必要になる。

月額利用料には、賃料、管理費、食費、水道光熱費などが含まれる。

* 「グループホーム」は、認知症高齢者が共同生活を営む施設。

入居時には介護付、住宅方有料老人ホームなどと同様に

入居一時金が必要になる場合が多く、ある程度の初期費用がかかる場合がある。

部屋は広くない場合が多く、家賃負担が軽い場合が多い。


< 公的介護施設の費用の目安 >
 
◎特別養護老人ホ-ム           
入居金:0円               
月額 :7~15万円

◎介護老人保健施設            
入居金:0円                
月額 :8~17万円

◎介護療養型医療施設          
入居金:0円                
月額 :8~17万円

◎ケアハウス              
入居金:0~数百万円            
月額 :8~20万円

* 「特別養護老人ホーム」は、介護保険施設といわれる料金形態の施設。

月額利用料の内訳は、介護保険料1割自己負担、賃料、食費、その他の費用が必要。

所得等に応じて居住費、食費が減額される場合あり。

* 「介護老人保健施設」は、公的な老後施設。

家賃、管理費も、低額に抑えられている。

但し、医療ケアやリハビリなどの費用は別である。

* 「介護療養型」は、低額で利用できることがメリット。

ただし、医療ケアが必要な方のための施設であるため、医療費負担が必要となり、

他の介護保険施設より利用料が高くなる傾向にある。

* 「ケアハウス」の特徴は、自治体の補助によって低額で入居できる公的な福祉施設。

しかし、介護型となるケアハウスは数百万円の入居一時金がかかるケースも珍しくなく、

それなりの出費が必要になると考えておくべき。


SCCニュース第6号より





スポンサーサイト