記事一覧

見守りシステム

日本国内において「見守りシステム」が

安価で簡単に利用できるようになってきております。

今後、益々の利用者の利便性を向上してもらいたいと思います。



日本郵政グループの「iPadで高齢者見守り」

日本郵政グル-プの日本郵便は2016年11月17日、

米アップルのタブレット端末「iPad」を利用した高齢者向けの「見守りサ-ビス」を

今年(2017年)3月にも全国展開する方針を固めた記事が11月18日産経新聞に掲載された。

発表によると

1人暮らしの高齢者などの生活を支援する

「郵便局の見守りサービス」について、内容やエリアを10月から拡充すると発表しました。

警備大手のセコムやアルソックと連携し、緊急時の「駆けつけサービス」をオプションとして提供する。

現行で1道5県567局のエリアは、1都1道11県738局まで広げるという。



これは、地域に密着した2万4千局のネットワ-クとITを活用した新事業であるが、

「みまもりサ-ビス」は、米国IBM、アップルと共同で昨年10月から山梨、長崎で試験的に実施していた。

両社が開発したアプリをインスト-ルしたアイパッドを高齢者に利用してもらうことで、

離れた場所に住む家族が高齢者の健康などを確認できる。

利用料はアイパッドの貸出料も含めて月額3千円程度とし、

4年後には50万人の利用者を目指している。警備会社が高齢者の緊急時に駆けつけるなど、

他事業者と連携したサ-ビスの拡充も検討している、このサ-ビスは、

高齢者にアイパッドを教える必要があるなどの人手がかかる難点がある。

しかし、過疎地に広がる郵便局ネットワ-クを生かせれば、十分に収益を確保できると判断している。

今後はアイパッドだけでなく、アンドロイドのタブレットへの対応も予定している。



セコムによる「救急通報機能を備えた活動量計」

セコムは2016年12月21日、

救急通報機能を備えた活動量計「セコム・マイドクターウオッチ」を開発したと発表した。

リストバンドタイプのウエアラブル端末に組み込まれたセンサーにより

転倒、脳梗塞、心筋梗塞などの異常を自動的に検知して救急通報を行うほか、

歩数や消費カロリーなどの活動量を計測して健康管理を行う。


異常の通報を受信したら緊急対処員が自宅に駆け付ける。

必要に応じて救急車の手配も行う。

2017年1~3月にかけて試験利用を行い、同年初夏からサービスを開始するという。

従来のものは端末を操作して急変を通報したが、操作が不可能な場合が多かった。

新たに発表された端末は自動的に異常を検知し、緊急通報を行える。

人体への影響などの問題について検証が必要であるが、画期的なシステムとして注目される。





北タイで「見守りサービス」を展開しているNSD社も同様のシステムを開発中とのこと。

独居者などにとって心強いシステムであり、早期の実現に期待したいものです。






スポンサーサイト

訪問者数

プロフィール

チェンマイ介護研究会

Author:チェンマイ介護研究会
設立趣旨と理念

SCCニュースPDF版


ようこそ!
せっかく暖かい温暖なタイに移住した方が、体力に自信がなくなり、病気になったのをキッカケに帰国される方を多く見かけるようになりました。

私たちは治療より予防を目指し、自分自身で健康を管理し、もしもの時、温かい北タイで年金の範囲で、介護が受けられる仕組みづくりを目的に介護研究会を立ち上げました。

各活動は「調査」「研究」を基本とし、その結果を北タイ高齢者の皆様へ提案、提言してまいります。

名前は北タイの代表的地名である
「チェンマイ」を冠にしました。


<会の名称>
「チェンマイ介護研究会」
<設立年月日>
2013年12月26日

介護研究会では御意見、
御提案をお待ちしています。


メール送信はこちら


チェンマイ介護研究会一同