外国人の戸籍、外国人と結婚した人の戸籍

外国人の戸籍、外国人と結婚した人の戸籍

外国に住む日本人、日本に住む外国人など、

近年では国際交流が進んでいる影響で、国際結婚が増えています。

外国人との婚姻を日本の市区町村役場に届出ると、性別にかかわらず

日本人配偶者が新たに「戸籍筆頭者」となり親から独立した新戸籍がつくられます。



タイ国の女性と結婚した日本人男性の場合をとると、

日本人男性が戸籍筆頭者となります

これとは逆に、タイ男性と婚姻した日本女性の場合は、

日本女性が筆頭者となります



結婚に際して「入籍」という表現をすることもありますが、

外国人との国際結婚の場合には、外国人は戸籍そのものには入らず、

日本人配偶者だけの新戸籍が作られるのですから、

入籍という言葉では表せません


配偶者となる外国人については、

戸籍の本欄には記載されず身分事項の欄に

婚姻届出の年月日、外国人配偶者の国籍、氏名、生年月日が記載されます。


外国人配偶者のことが記載されるのはここだけで、

氏名はカタカナ表記(漢字を使用する国もありますが、

使う漢字は日本の正字に限られており中国の簡体字などは使用できません)です。


もし、外国人配偶者の氏を名乗りたい場合は、

婚姻後6ヶ月以内に氏の変更届出をする必要があり、

6ヶ月を過ぎてからの変更は家庭裁判所での許可が必要です。


日本人と外国人の夫婦の子どもが外国で生まれた場合、

父か母のどちらかが日本人であれば、

生まれてくる子どもは、日本国籍を取得します。


従って、日本人が生まれるのですから、

子どもが生まれた日から3ヶ月以内に、

その国に駐在する総領事館又は本籍の市、区、町村役場に、出生の届出をしなければなりません。

また、生まれた子が外国人である親の国籍を取得したり、

その国で生まれた者すべてに国籍を与える制度を採用している国で生まれた場合は、

その子は二つ以上の国籍を持つ重国籍者となります。

その場合は、出生の届出と一緒に、国籍留保の届出をしないと、

その子は、生まれたときにさかのぼって日本の国籍を失います。


また、重国籍者として生まれた者は、22歳までに、いずれか一つの国籍を選択しなければなりません。





,

スポンサーサイト