「片足立ち」1分で50分のウォーキングと同じ

「場所も時間も取らない」のが

嬉しい「片足立ち健康法」

201612201.jpg

地面から5~10センチメートル程度、右足をあげ、1分間片足立ちをします。

このとき呼吸を止めないようにするのがポイント。

左右交互に行う





片足立ちは両足立ちに比べて、2.75倍の負荷がかかります。

テーブルなどに手をついても、OKです。

無理をしないのが最善の方法です。

201612202.png




片足立ちダイエットは、

たった1分で50分のウォーキングと同じだけの効果があるといわれています。

道具も場所もいらず、誰でも簡単に取り組めるのが特徴。

なぜ片足立ちが良いのか?

上半身と下半身のかなめである骨盤は、

日常生活では刺激を加えられることが少ないため、かたく緊張した状態になりがちです。

股関節を開くと骨盤の緊張が緩むので、

骨盤の中だけでなく、全身の血液の流れがよくなります。

すると腸の動きが良くなるので、

体内に溜まっていた便や老廃物がどんどん排出されるのです。

(出典 http://www.kenko.or.jp/topics/0079/36_02.html)

血流がよくなれば脂肪が燃えやすくなり、

余分なものが排泄されることで代謝アップ、やせることにつながります。

片足立ち健康法は

自然に姿勢が良くなるため、

背骨の中を通る自律神経の働きも整えられます。

その結果、胃や肝臓などの内臓の働きが良くなり、

食欲が抑えられるようになり、

大食いをしなくてすむようになるとのことです。





スポンサーサイト