第4回シンポジウム報告

第4回シンポジウム

「チェンマイで終活を考える」報告

(2016年12月10日(土)にチェンマイ・オーキッドホテルで開催されました。)


チェンマイ介護研究会代表の志田義晴から挨拶で始まった

今回のシンポジウムは、参加者の身近に起きている高齢者の問題を、

具体的に示して、「終活の準備」を自分自身の問題として提起したシンポジウムとなりました。


在チェンマイ日本国総領事館 青木伸也総領事様の来賓祝辞をいただきました。

S_5340185028851.jpg



熱心に聞き入る会場風景

S_5332101673858.jpg



パネリストのトップバッターとして

在チェンマイ日本国総領事館の峯尾直矢領事様から

S_5340184883825.jpg


「それぞれが準備すべきこと」として、

「ロングステイをめぐる昨今の現状」の報告があり、

(詳しい資料はここをクリック)(資料2はここをクリック

タイ北部の在住邦人(ロングステイヤー)の

在留届者の推移及び
昨今の援護件数、死亡案件、委任状の作成方法

などのお話があり、日本国内同様

「ずっと健康で苦しまず、ポックリ亡くなるなんて実際にはない」

という厳しい北タイの現状を聞き

「悠悠自適も健康の間だけ」を実感いたしました。



チェンマイ定住者集いの会 乗鞍政義代表様のお話は

S_5332101491607.jpg

実際にチェンマイ在住の日本人に

起きている現状認識と準備、解決方法を教えていただきました。

S_5332101429078.jpg

S_5332101379449.jpg

とても、わかりやすい話し方と説明に会場全体が、引き込まれて熱心に聴講できました。

S_5332101279874.jpg



日本フィリピンボランティア協会・副会長 廣瀬豊邦様は

S_5332101247883.jpg

「フィリピンにおける介護体制について」と題し

近年のフィリピンやマレーシアなどの

外国人のための介護施設の現状と今後の展望をお話になりました。

テレビ番組の情報とは違う生の本物の情報は新鮮で驚きがありました。



お礼の挨拶  チェンマイ介護研究会副代表 戸井田 紗代子

S_5338153848989.jpg



会場の外では展示即売するコーナーを設けました。

このコーナーは「人形講座ボランティア」活動

広めるのが目的です。

ご承知のように、戸井田副代表はじめ日本人とタイ人ボランティアによる

「人形づくり講座」

チェンマイ門近郊にある老人ホーム「タマパコーン」で月2回行っております
(この老人ホームの入院患者は130人で、身寄りのない老人達です。)

S_5332101961834.jpg

S_5332101886044.jpg

人形づくりは、老人達のリハビリにもなり、

また生きる力を与える上でも役立っています。

老人達の作品は、

寄付若しくはランナージープン祭等で販売を行い、

その売上金は材料費用の購入、施設へ寄付する等に充てています。






ご出席いただいた方たちから感想をいただいております。

※昨日は大変参考になるお話を聞かせて頂き、有難うございました。
 78歳ながら 今までは健康だということもあって、自分には先の話として、
 具体的には何もしていません。
 残された遺族が、困ること、近くの友人が迷惑することを思うと、
 病気、事故も考え 対処しなければ、
 タイで死んだ時の始末、タイの資産処理をシンプルにしておかないと
 いけないと 思いました。
 終末指示書 資産相続、贈与を早速考えます。
 そんなこんなで急に御迎えが近い将来の話になりました。

※とても、参考になりました。
 簡単に火葬もままならないのですね。

※「老いの現実」と「今後の老いに対しての準備」を怠りなく
 早急に進めておかなくては、その時が来てからでは
 「遅い」と改めて感じさせられました。

※「生老病死」は誰にでも起こることですが、
 誰もそれがいつなの、かわかりません。
 100%の準備は不可能ですが予測はつきますので、
 準備だけはしておこうと思いました。




スポンサーサイト