第4回シンポジュウムの開催御案内

第4回シンポジュウムの開催御案内

テーマ:あなたは準備していますか?
     「チェンマイで終活を考える」
 「暖かいこの地で最期まで」ロングステイヤーの夢をかなえるために


日時:2016年12月10日(土曜日)

場所:チェンマイオーキッドホテル(ちゃ~お誌地図E-2)

会費:100バーツ/人(コーヒー又は紅茶、ケーキ付)

お申し込み先 メールアドレス: scc.chiangmai@gmail.com

お名前、電話番号、メールアドレスをお願い致します。
   
お申し込み締め切り:定員に達し次第締め切ります(総数70名様)

「温暖で住みやすいこの北タイで、なるべく長く健康で、出来れば終末まで過ごしたい!」

というのが、私たちロングステイヤーの大多数の夢です。

そのためには、私達自らが、この地の環境に溶け込むための自助努力が必要です。

あなたに介護が必要になるのは、予期しないときに突然やってくるものであり、

あらかじめタイミングを予測することは困難です。

事が起こる前に問題を未然に防ぎ、お世話になっている家族、友人、タイ社会に、

出来る限り迷惑を掛けない様に努力することが大切です。


今回のシンポジュウムは、次の方をお迎えしました。

コーディネーターとして、日本の看護についての専門家である

「香川大学医学部看護学科教授の大西美智恵様」を

また、「日本・フィリピンボランティア協会副会長 廣瀬豊邦様」は、

「フィリピンにおける介護体制」についての講演を、二人の方を日本からお迎えします。


「在チェンマイ日本国総領事館 領事 峯尾直矢様」からは、

「チェンマイでの終活・おのおのが準備すべきこと」と題して、

北タイ在留者、特に高齢者が起こしている社会的問題点と、

それらを未然に防ぐ準備、対策等について講演を致します。

「チェンマイ定住者集いの会代表 乗鞍政義様」は、

「孤独死を避ける」のテーマで、

北タイ在留邦人の高齢化、孤立化、困窮者の問題を取り上げ、

特に社会的影響の大きい「孤独死」防止についての講演を致します。




過去に、チェンマイに住んでいたロングステイヤーの方たちが、

フィリピンへ移住した例もあります。

今回は、他国の介護体制の状況について知識を深めること、

そして北タイ在留者の高齢化が進む中で、孤独死等の社会的問題が起きない様に、

その準備を如何に進めたらよいか?

常日頃からの「心構え」と「準備」について

皆様と共に考える目的でシンポジュウムを計画致しましたので、

奮っての御参加を御願い致します。


スポンサーサイト