記事一覧

おいしいご飯の炊き方inチェンマイ

◇おいしいご飯の炊き方◇

ちょっとひと工夫するだけで、おいしいご飯が!!
まず、研ぎ方のポイントです。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
① 最初の研ぎ汁はすぐに捨てる(糠の混じった水を吸わせない)。

② 2度ほど研いだら、3・4回水を取り換えて優しく米を洗う。

③ 水とともに氷のキューブを入れ、ゆっくりかき混ぜて米を冷やし、

  残った氷は捨てる。多少氷が残ってもかまいません。

④ お米と水がよく冷えたことを確認して、水の量を調整する。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

あとは、いつもの通りスイッチを入れればOK。

此処でのポイントは、何と言っても「氷」を入れて冷やすこと。

研いだ米をザルに取り、冷蔵庫で一晩冷やしても同じ効果が得られます。

ご飯は60度前後で最もうま味成分が出ると言われています。

昔から言われている「はじめチョロチョロ中パッパ」は、まさに先人の知恵ですね。

チェンマイの水は温かいので、すぐに沸騰点に達してしまいます。

なので、冷たい水で炊いてあげれば、うま味成分が出るというわけです。

私は、「カオジャオ」(うるち米)に「カオニャオ」(餅米)を2・3割混ぜて使います。

ここでのポイントは、カオジャオもカオニャオも新米を使うこと。

買い置きせずに、良く売れている店でこまめに買うのもポイントです。

保存は、出来れば冷蔵庫で。

これだけの工夫で、高い日本米と比べても遜色ない美味しいご飯がいただけます。

ちなみに、蜂蜜を入れるとか、油を垂らすとか、良いと言われていることを

いろいろと試してみましたが、効果は見られませんでした。
            
チェンマイ介護研究会・生活支援分科会 

SCCニュース第3号より



スポンサーサイト

訪問者数

プロフィール

チェンマイ介護研究会

Author:チェンマイ介護研究会
設立趣旨と理念

SCCニュースPDF版


ようこそ!
せっかく暖かい温暖なタイに移住した方が、体力に自信がなくなり、病気になったのをキッカケに帰国される方を多く見かけるようになりました。

私たちは治療より予防を目指し、自分自身で健康を管理し、もしもの時、温かい北タイで年金の範囲で、介護が受けられる仕組みづくりを目的に介護研究会を立ち上げました。

各活動は「調査」「研究」を基本とし、その結果を北タイ高齢者の皆様へ提案、提言してまいります。

名前は北タイの代表的地名である
「チェンマイ」を冠にしました。


<会の名称>
「チェンマイ介護研究会」
<設立年月日>
2013年12月26日

介護研究会では御意見、
御提案をお待ちしています。


メール送信はこちら


チェンマイ介護研究会一同