おいしいご飯の炊き方inチェンマイ

◇おいしいご飯の炊き方◇

ちょっとひと工夫するだけで、おいしいご飯が!!
まず、研ぎ方のポイントです。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
① 最初の研ぎ汁はすぐに捨てる(糠の混じった水を吸わせない)。

② 2度ほど研いだら、3・4回水を取り換えて優しく米を洗う。

③ 水とともに氷のキューブを入れ、ゆっくりかき混ぜて米を冷やし、

  残った氷は捨てる。多少氷が残ってもかまいません。

④ お米と水がよく冷えたことを確認して、水の量を調整する。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

あとは、いつもの通りスイッチを入れればOK。

此処でのポイントは、何と言っても「氷」を入れて冷やすこと。

研いだ米をザルに取り、冷蔵庫で一晩冷やしても同じ効果が得られます。

ご飯は60度前後で最もうま味成分が出ると言われています。

昔から言われている「はじめチョロチョロ中パッパ」は、まさに先人の知恵ですね。

チェンマイの水は温かいので、すぐに沸騰点に達してしまいます。

なので、冷たい水で炊いてあげれば、うま味成分が出るというわけです。

私は、「カオジャオ」(うるち米)に「カオニャオ」(餅米)を2・3割混ぜて使います。

ここでのポイントは、カオジャオもカオニャオも新米を使うこと。

買い置きせずに、良く売れている店でこまめに買うのもポイントです。

保存は、出来れば冷蔵庫で。

これだけの工夫で、高い日本米と比べても遜色ない美味しいご飯がいただけます。

ちなみに、蜂蜜を入れるとか、油を垂らすとか、良いと言われていることを

いろいろと試してみましたが、効果は見られませんでした。
            
チェンマイ介護研究会・生活支援分科会 

SCCニュース第3号より



スポンサーサイト