記事一覧

「在チェンマイ日本総領事館からのお知らせ」


在留邦人皆様へ

1 チェンマイ入国管理局では事務所工事に伴い、現在の査証申請窓口を今月一杯を目処に閉めプロムナーダへの
 移転計画があります。
  即ち、現在、移転先の工事の遅れにより移転日及び移転業務の内訳は不明ですが、チェンマイ入管では、現在
 のところ11月末頃に移転を予定しております。
  チェンマイ入国管理局から総領事館へ通報がないまま移転が行われることもありますので、ご注意下さい。

2 外国人を宿泊させた場合の届け出(TM.30、アパート、ハウスのオーナーが申請)が必要ですが、ビザ更新の際は
 パスポートにこの届け出が行われたことを裏付ける半券が貼付されておりませんと、申請が行えない上、罰金の対象と
 なりますのでご注意下さい。
  オーナーから登録がなされている方で半券をお持ちでない方は、入国管理局届け出窓口で届け出データーが確認
 出来れば、窓口で半券が交付される取扱いとなっております。ビザの更新の際は、必ず半券を準備下さい。

以上


在チェンマイ総領事館
スポンサーサイト

訪問者数

プロフィール

チェンマイ介護研究会

Author:チェンマイ介護研究会
設立趣旨と理念

SCCニュースPDF版


ようこそ!
せっかく暖かい温暖なタイに移住した方が、体力に自信がなくなり、病気になったのをキッカケに帰国される方を多く見かけるようになりました。

私たちは治療より予防を目指し、自分自身で健康を管理し、もしもの時、温かい北タイで年金の範囲で、介護が受けられる仕組みづくりを目的に介護研究会を立ち上げました。

各活動は「調査」「研究」を基本とし、その結果を北タイ高齢者の皆様へ提案、提言してまいります。

名前は北タイの代表的地名である
「チェンマイ」を冠にしました。


<会の名称>
「チェンマイ介護研究会」
<設立年月日>
2013年12月26日

介護研究会では御意見、
御提案をお待ちしています。


メール送信はこちら


チェンマイ介護研究会一同