ようこそチェンマイ介護研究会へ

ようこそ!チェンマイ介護研究会ブログへ

201705021.jpg


チェンマイ介護研究会のご案内

<会の名称>   「チェンマイ介護研究会」
<英 文 名>   「Society for the study of Care and support in ChiangMai」
<英文名略>   「SCC」
<設立年月日>  2013年12月26日
<メールアドレス> scc.chiangmai@gmail.com




記事のご案内

チェンマイ介護研究会では「SCCニュース」を中心に
皆様に情報を発信しております。
SCCニュースの過去記事はここをクリックしてください。

その他の記事については、右の「カテゴリ」の中から、
興味のある記事を選んでお読みください。








<チェンマイ介護研究会設立趣旨>
<理念と方針><設立の動機>



最近体力に自信がなくなり、帰国される方をたくさんお見受けします。
そこで、チェンマイで出来るだけ長く健康を維持できる仕組みづくりと、
出来れば日本に帰るのではなく、温かいチェンマイで年金の範囲で、
介護が受けられる仕組みづくりを構築したく介護研究会を立ち上げました。

チェンマイで出来るだけ長く健康で楽しい生活を!

各活動は「調査」、「研究」を基本とし、
その結果を北タイ高齢者の皆様へ提案、提言してまいります。


<設立趣旨>
タイ国チェンマイ及び近隣県に於ける介護施設、介護技術、その他の供給面での
現状は、先進国と比較し、遅れており、多くの問題を抱えている。

タイ国は、地域によって差はあるが、親の世話をするのは家族が、孤老の人には
その地域の人達が世話をする習慣が当たり前になっている。

従って、介護問題が国民の間で広く問題視される前に、少子高齢化が急速に進み
所帯状況の変化に伴う家族介護力の低下や今後の要介護者の更なる増加により、
家族の介護疲れが社会問題化することも懸念される。

チェンマイには、数千人の日本人高齢者が在住しているが、多くの人達は、介護が
必要になった時の不安を抱えながら生活している。

長年にわたりチェンマイに愛着を持ちながら生活していた人達が将来の介護不安の為に、
他の国へ移住したり、日本へ帰国する例が認められる。

タイ国は、既に65歳以上の高齢者が総人口に占める割合が7%以上の高齢化社会
になっており、東南アジア地域の開発途上国の中では、最も高齢化が進んでる状況
にある。

更に先進国を上回るスピ-ドで高齢化が進んでおり、2024年には14%
以上の高齢社会になると予測されている。

経済発展を遂げる前に先進国並みの高齢化に直面し、高齢化の先には貧困、
孤独死、自殺の増加など次なる問題が懸念されている。

私達チェンマイに在住する日本人は、老後における介護に関する不安を、
自ら解消し、安心して生活出来るように、そして、タイ国の介護問題解決の一助に
なればの想いで、チェンマイで介護業務に携わる人達とロングステイヤ-が中心と
なり、予防を含めた介護問題に取り組んでいきます。

<理念>
「チェンマイ在住日本人が、安心して生活出来る独自の介護システムを構築する」

<方針>
1,学識者、有識者、経験者などの連携とグロ-バルな観点からの取組
2,日本人向けの介護システムの構築と支援
3,健康寿命(介護予防)の構築と支援
4,介護関連の現状把握と選択肢の提供
5,組織レベルでの活動グル-プとの連携と支援
6,民間業者への施設呼び掛け
7,他国の日本人シニア会との情報交換




<設立の動機>

北タイは、ロングステイに適した地として日本人高齢者の間に人気が高く、多くの邦人高齢者が居住している。しかし後期高齢となるに従い、健康とその後の介護についての不安から、毎年多くの人たちが当地での生活に愛着を持ちながら、帰国している。そうした状況に鑑み、人生の終末まで、北タイで過ごすことが出来る邦人の地域社会を構築するために有志が集まり、2013年12月26日に「チェンマイ介護研究会」を設立した。



<活動の基本方針>

北タイで暮らす日本人高齢者が、医療、介護、介護予防あるいは日常生活に関するアドバイスなど、適切なサ-ビスが受けられ、安心して健康な生活が維持できるよう、より良い生活環境を創っていくことを目的とする。同時に今後ますます重要となるタイ王国の介護問題の一助になれるようシステム化を図る。具体的には、この地で終末まで過ごせるための包括ケアシステムの姿として、「生活支援」、「介護予防」、「医療」、「介護」の四つの基本柱で活動する。そして各活動は「調査」、「研究」を基本とし、その結果を北タイ邦人高齢者へ提案、提言していくことを方針とする。次に高齢者への「地域包括システム」構築への啓発を続けると共に、これらのケアを包括的にコントロールする地域包括センタ-の設立及びケアマネイジングする人たちの養成を支援していく。












スポンサーサイト