ジャパン・ケア・ネット発足

ジャパン・ケア・ネットが発足しました。

201610085.jpg


日本国内では、高齢化者が年を追うごとに増加していますが、

北タイ在住の日本人も高齢化が進んでいます。


一人暮らしのロングステイヤーに手を差し伸べ、手助けをすることが必要です。


西欧人の間では現在チェンマイに於いて

「ランナー・ケア・ネット」が、こうした問題に対処するために活動しています。


日本人を対象とした同様な任意団体を構築すべく、

チェンマイ総領事館、

チェンマイ介護研究会(SCC)、

CLL、定住者の集いの会などが協力して検討を進めてきましたが、

2016年9月30日、「ジャパン・ケア・ネット」が発足しました。


総領事館の指導の下

SCCが主体になって官民一体での活動を開始致しております。


私たち日本人を快く迎えてくれるタイ人のためにも、

そして日本人としての矜持(きょうじ)を守るためにも、

最期まで他人に迷惑をかけることを少しでも減らすように貢献したいと思います。

相談がありましたら、一人で悩まず

在チェンマイ日本国総領事館またはSCCまで連絡をお願いします。


ボランティアの募集

また、無償でのボランティア活動ですが、

協力して頂ける方がありましたらメールでご連絡ください。

お待ちしております。


スポンサーサイト