記事一覧

ガンに餌をやらない

【癌の弱点について】

ガンの最大の弱点は「超小食」ということ。
もっと分かりやすく説明するなら
「ガンの最大のエサがブドウ糖」という事。

風邪の時と同様“体力をつけるため”という
間違った知識のもとに、無理やり食べるという現実があります。

ガン対策に関して、最も根本的な致命傷です。

みなさん『PET』という、癌診断器はご存知ですね。

現在、直径3mm くらいのガンでも発見できるという診断機器です。

このPETのガン発見原理は、
ガンの性質を逆手にとったもので、体にブドウ糖に似せた物質を注射し、
1時間後にその擬似ブドウ糖が
体のどこに多 く集中的に分布しているか、ということを調べるというものです。

がん細胞は、正常な細胞に比べて
活動が活発なため、3~8倍のブドウ糖を取り込むという特徴があります。

PET検査は、その特徴を利用して
たくさんブドウ糖を取り込んでいる細胞を探し、がんを発見します。

このように「ガンの最大のエサがブドウ糖だ」
ということが分かっているにもかかわらず、
現代医学(特に日本)は、いまだ末期ガンで口から食物が入らなくなってきた方に
ブドウ糖の点滴をしています。

抗がん剤や放射線治療でどうしようもないくらい
免疫力や体力を落とされているところに、
ガンの最大のエサのブドウ 糖を与えるんです。

ガンというものには、
白米などブドウ糖に代わりやすいものを
たくさん食べてしまうと、増殖と転移が 異常に早くなります。

ですから、アガリクスやメシマコブな ど、
マスコミや業者の宣伝に踊らされて
1ヶ月10万円近く買っている方たち も、
体力をつけるためという間違った常 識のもとにご飯を無理やり食べようとすれば、
ガンの促進要因を思いっきり実行 させていることになり、
高い健康食品の 効果を無にしてしまいます。

とにかく、ガンの方は、昔の精進料理 のような、カロリーが少なく、
一日に2 食以内にとどめ、腹6分目に節制すべき です。




秋田大学医学部の小泉教授の実験で、
放っておけば100%ガンになる多発性 マウスを使った実験でも、
腹8分目と腹5分目のマウスでは、
21ヶ月めに腹8 分目のマウスが26匹中7匹が悪性リンパ腫になったが、
腹5分目のマウスは2 8匹中1匹もガンになることはなかった と言います。

厚生労働省が言うような現代栄養学などは、
まったく当てになりません。



ガンの最大の弱点は
「超小食」です。

ですから、ガンの最大のエサである
ブドウ糖の摂取を極力抑える事が重要です。

最近はやりの「低インシュリンダイ エット」などは、
ガンの方にも大変有効だと思います。

砂糖(特に精製されたもの)や代用甘味料は猛烈に体を冷やします。
癌細胞は 、酸素を必要としない
「嫌気性代謝」という方法でエネルギーを獲得するので、
酸素の少ない場所、温度の低い環境で活発に増殖します。

ガン細胞は「特に35℃台の低体温で最も活発化する」
ということが明らかになっていますので、
低体温の方は要注意です。

これは一番基本的な土台で、
癌細胞をやっつけるには、まだまだ沢山の情報があります。

でもこの基本的な事を頭にいれて生活していれば、
健康になれるし、ダイエットにもつながるんじゃないかな?

自分の身体も、家族の健康も守りたいですね(^^)

  (断糖肉食より)





スポンサーサイト

訪問者数

プロフィール

チェンマイ介護研究会

Author:チェンマイ介護研究会
設立趣旨と理念

SCCニュースPDF版


ようこそ!
せっかく暖かい温暖なタイに移住した方が、体力に自信がなくなり、病気になったのをキッカケに帰国される方を多く見かけるようになりました。

私たちは治療より予防を目指し、自分自身で健康を管理し、もしもの時、温かい北タイで年金の範囲で、介護が受けられる仕組みづくりを目的に介護研究会を立ち上げました。

各活動は「調査」「研究」を基本とし、その結果を北タイ高齢者の皆様へ提案、提言してまいります。

名前は北タイの代表的地名である
「チェンマイ」を冠にしました。


<会の名称>
「チェンマイ介護研究会」
<設立年月日>
2013年12月26日

介護研究会では御意見、
御提案をお待ちしています。


メール送信はこちら


チェンマイ介護研究会一同