体の冷えは万病の元!

人間の体温の40%は、筋肉から出ています。
体温が1℃上がると、免疫力は5~6倍になります。

201609221.jpg


がん細胞は、
体温が35℃の低い体温のときに最も増殖し、
39.3℃以上になると死滅する性質を持っているといいます。

健康な状態にある人の腋化温度(わきの下の体温)は、
平均で約36.5℃です。
36.5~37.0℃であれば健康体で免疫力も旺盛です。

これを1℃下回るだけでも、
内臓の働きが低下し、免疫力は約30%も弱まり、
ガン細胞が活発に増殖したりすることが知られています。

免疫力は
血液の流れと密接な関係があります。
その免疫力の中心となって働くものが、血液成分の一つである白血球です。

体が冷えていれば、血液の流れが悪くなり、リンパ球が
体内で十分な活躍ができなくなり、
免疫力が下がり、ガンをはじめいろんな病気にかかりやすくなるのです。

また、血流が悪いと脳や内臓などの働きが衰えるために、
頭痛や肩こり、耳鳴り、便秘、下痢、手足のしびれ、うつや慢性疲労と
いった症状が出やすくなったり、心臓病、糖尿病やアトピー性皮膚炎などを
招いたりすることも考えられますので

「体の冷えは、万病の元」といっても過言ではありません。

201609222.jpg


例えば、睡眠時間が短かったり、眠るべき時間に起きたりしていると、
自律神経(意志とは無関係に内臓や血管の働きを支配する神経)
が乱れてしまいます。

自律神経には、
活動時に働く交感神経と、
休息時に働く副交感神経の2種類があり、
2つの神経は交互にバランスを取りながら、
からだの働きを調節しています。

ところが、夜更かしや睡眠不足、過度のストレスがかかると、
自律神経のバランスがくずれ、交感神経が優位になります。
交感神経が優位になると、心身を緊張させるので筋肉がこわばって、
血流が悪くなり冷えを招いてしまいます。

さらに、冷たい物をとり過ぎたり、早食いしたり、
栄養バランスの悪い食事を続けるなど食生活の乱れも、
体を冷やす要因になります。
これは、必要な栄養の吸収が悪くなったりして、
体温を作り出すエネルギー不足が起こるからです。

からだの一個所でも温度の低いところがあったら、
体が冷えていて
内臓の働きや免疫力が低下していると考えた方が無難でしょう。

201609223.jpg


体温アップで免疫力強化!

そこで、筋肉を動かして熱を発散することは、
体温が上がり体にとても良いことです。
筋肉を鍛えると毛細血管が発達して、血流が良くなります。

ちなみに、歳を取ると高血圧の患者が増えるのは、
下半身の筋肉が衰えて上半身に血液が集まり、
全身の血流が悪くなるからだと言われています。

体温アップには
ウォーキング一番です。

201609224.jpg







スポンサーサイト