不食 榎木孝明氏編

榎木孝明氏
30日間の「不食」生活ってどんなものだった?


201609211.jpg


徹子の部屋から


俳優の榎木孝明氏(59)が、飲み物以外は摂取しない
「不食(ふしょく)」生活をした。
榎本氏は
「食べないことで、自分の意識がどう変わるかを試してみたかった」などと話した。

「絶食」は主に宗教的な行為であるのに対し、
「不食」は食欲と闘わずして食べない行為だという。
榎木さんは、不食に対して賛否両論があることを把握しており、
「決して食べないことを推奨するものではない」と強調した。

フジテレビ系の「とくダネ!」によると、
榎木氏は病院に泊まりこみ、専門家の指導を仰ぎながら不食を行ったという。
監視カメラなどで日々の様子を撮影し、食べていない証拠とした。

摂取して良いとされるのは飲み物のみ。

コーヒーとお茶なども摂取してよかったという。
ただし、途中で血圧が上がったこともあり、
専門家から塩分と糖分の補給をすすめられ
「あめとか、塩あめとかを食べた」と話した。

体重は期間当初の80kgから71kgまで落ちたが、そこから変わらない状態だ。

不食の期間中、おなかは鳴ったが食欲は感じなかったという。
うなぎの蒲焼きの匂いを嗅いでも、「食べたいとは思わなかった」とコメント。
また、排便は期間中、3回のみ。
体の中にたまっていた「宿便(しゅくべん)が出ました」と語った。

不食のきっかけは、
榎木氏は20代から続けているインドを中心にした一人旅。
飲まず食わずで帰国すると、いつも体調が良くなっていることに着目した。

榎木氏のFacebookページより。

東京でもし直下型の大地震が起きエレベーターに閉じ込められた時、
あなたは自分が何日生き延びる自信がありますか?(中略)
 
万が一閉じ込められた時、
食べられない事よりももっと辛いのは閉所恐怖と暗闇と
助からないかもと思う絶望感でしょうが、
もし人は食べなくても生きられるとの思いが自分にあれば、
強い精神力と勇気に結びつくことでしょう。

つい最近もネパールの地震で一週間後に助けられた
少年の奇跡が報道されていましたが、
地下鉄からでもエレベーターからでも数週間やひと月の
奇跡の生還は可能だと思います。

あなたはそんなことが出来る
自分を信じてあげることができますか?

あなたがまだ気づいていないだけで
人間には無限の可能性があると思います。
 
安心感を得るために小さなペットボトルと
数個の飴玉をいつもバックに入れておくことをお勧めしています。
 
榎木孝明氏のFacebookページはここをクリック






スポンサーサイト