記事一覧

ベーキングソーダ(重曹)で健康な体を手に入れる

ベーキングソーダ(重曹)は、
健康に、美に、そして家事にと昔から使用されています。

多くの未知の特性を有すると考えられており、世界中で研究され続けています。

201609131.jpg


多くの人々にとって、ベーキングソーダが、
健康改善に医薬品よりも有益であり得るなどというのは信じ難いかもしれません。

ベーキングソーダ(重曹)は、ガンや糖尿病などの慢性疾患を含む、
多くの病気の予防と治療の助けとなることが明らかになっています。


ベーキンソーダ(重曹)で薬はもういらない?

ベーキングソーダの主な利点の1つは、
体を自然にアルカリ化させる力です。

重炭酸イオンが不足すると、血中pHが低くなり、
体内が酸性化された結果として、より多くの病気や疾患が起こります。
体内の細胞は、弱アルカリ性の環境でより良く機能するという事実は、
ベーキングソーダの有効性を証明しています。

食事は、血液中の適切なpHレベルを維持するための鍵です。
しかし、ライフスタイル、栄養不足、ファーストフードのような不健康な食事は、
体内に酸性環境を作り、それが様々な疾患につながります。

体のpH値が酸性になると、とりわけ
癌、胃炎、骨粗鬆症、糖尿病、心臓病などの慢性疾患のリスクが大きくなります。

この点で、ベーキングソーダ(重曹)は組織内の血管を拡張することにより、
多くの酸素の運搬のを助けるため、pH値を正常、
またはわずかにアルカリ性に戻すのを助けて、
あなたの健康の強力な味方になります。

ベーキングソーダ(重曹)が
関節炎、痛風、インフルエンザ、腎臓結石、
糖尿病などの深刻な疾患の予防の助けになることは証明済みです。



コップ一杯分の水に小さじ半分程度を
溶かしベーキングソーダ(重曹)水を作り、それを飲むだけ!

ベーキンソーダ(重曹)=炭酸水素ナトリウムです



ベーキンソーダ(重曹)はガンや、被爆、虫歯、肝臓病など
あらゆる病気を治す効果がある可能性があります。


あなたの症状はカンジダ菌が原因かもしれません。

「ガンは真菌症であり、その菌の正体は、カンジダ菌である。」
という説があります。
ガンジタ菌にベーキングソーダは有効な手段です。

カンジダ菌の症状は以下のような様々な症状を引き起こします。

難治性の歯周病、強い倦怠感、体のふらつき、
アレルギーの悪化、腸の不調、 過敏性大腸炎、
頻尿、尿道炎、膀胱炎、腎炎、慢性鼻炎、慢性喉頭炎、
慢性扁桃腺炎、喉や鼻の慢性症状、蓄膿症、関節の不調、
発疹やかゆみ、甘いもの中毒、 頭痛、脳に煙がかかったような感覚、
化学物質過敏症、酒量の許容量の低下、耳鳴り、
視力低下、酒に酔ったような状態、抑うつ、PMS、ホルモン異常、、、




効果絶大のベーキングソーダ(重曹)の使い方

放射線の中和
口腔ガンや咽喉ガンと診断されて、危険な放射線治療を受けなければいけない場合、
ベーキングソーダを水に混ぜてうがいをすることで、放射線を中和することが可能です。

ベーキングソーダは、放射能汚染除去に強い威力を発揮します。 
アメリカのニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所のドン・ヨーク氏は、
ウランに汚染された土壌の浄化にベーキングソーダを使用しました。

重炭酸ナトリウムは土中からウランを分離させて結合します。
現時点でヨーク氏は汚染された土壌サンプルから92%のウラン除去に成功しました。 

虫歯の治療や口臭予防にも

ベーキングソーダうがいは、
歯磨き後に
ベーキングソーダを溶かした水でうがいをすること。

予防歯科開業医のサイトでは、ベーキングソーダうがいの臨床の結果、
PMTC(歯科医・歯科衛生士による歯のクリーニング)+フッ素塗布でも進行を阻止できない
初期の小窩裂溝ウ蝕(虫歯)に著効と言っても良い効果が現れたそうです。

ベーキングソーダは、
弱いアルカリ性の食品添加物なので口に入れても危険はありません。

食後の歯磨き後に水100ccに小さじ半分程度入れ、
キレイに溶かしきったベーキングソーダ水で約30秒うがいをするだけ。


放射線毒を体内から排出する方法

放射性毒を体内から排出するためには、
お風呂のお湯に海塩とベーキングソーダを1/2カップずつ入れてください。

毎日20~30分間を約3週間、または、2日に1度、6週間、そのお湯に浸かります。



-補足-
慢性病とは、身体や血液が酸性に傾く事であり、
アルカリ性のベーキンソーダ(重曹)はそれを中和します。

電子を奪われる(酸化する)から病気になり、
電子を与えて還元すれば、様々な病気は治るのです。

精製糖質を過剰摂取している現代人は、
糖代謝が追いつかず、ピルビン酸・乳酸などが溜まって酸化します。
乳酸が溜まると尿酸も溜まるので、身体はどんどん酸性に傾いて痛風発作が起きます。

電子を余分に持っているアルカリ性の
ベーキングソーダ水を飲んでいると、酸性に傾きにくくなり、痛風の予防になります。

ガン・腎臓病・胃潰瘍も同じです。

更に糖質・乳酸の代謝を正常化するビタミンやミネラルを摂取すれば、もっと効果的です。
シモンチーニが、重曹・ビタミンB群・Cの点滴でガンを治しているのは、理屈に合っているのです。

酸性に傾いた血液(乳酸アシドーシス)を正常化すれば、様々な病名が付いた慢性病が改善します。

まさに神の粉とも言うべきベーキングソーダ(重曹)ですが、
みなさんもこれを機会に試してみてはいかがでしょうか。

安く簡単に手に入り、こんなにも結果が如実に現れる治療法です。



※上記の情報はあくまでも民間療法ですので、
 重曹を治療に使用する場合は自己責任でお願いします。





スポンサーサイト

訪問者数

プロフィール

チェンマイ介護研究会

Author:チェンマイ介護研究会
設立趣旨と理念

SCCニュースPDF版


ようこそ!
せっかく暖かい温暖なタイに移住した方が、体力に自信がなくなり、病気になったのをキッカケに帰国される方を多く見かけるようになりました。

私たちは治療より予防を目指し、自分自身で健康を管理し、もしもの時、温かい北タイで年金の範囲で、介護が受けられる仕組みづくりを目的に介護研究会を立ち上げました。

各活動は「調査」「研究」を基本とし、その結果を北タイ高齢者の皆様へ提案、提言してまいります。

名前は北タイの代表的地名である
「チェンマイ」を冠にしました。


<会の名称>
「チェンマイ介護研究会」
<設立年月日>
2013年12月26日

介護研究会では御意見、
御提案をお待ちしています。


メール送信はこちら


チェンマイ介護研究会一同