記事一覧

お父さんは超能力者

タイ人妻の家に婿入りした私

驚くことばかりが毎日起きました。

742481rubaj90658.gif

彼女のお父さんはお坊さんでした。
還俗して、今は家で静かな余生では
  ありません!

毎日近所の人が訪ねてきます。

お経の読み方を勉強するために
お坊さんも訪ねてきます。



お父さんはお経で治療する
 治療師です

「スワッ(ト)モン สวดมนต์ 」(お経を唱える意)で
病人を治療するのが仕事です。

もちろん、代金は頂きません。

治療1

オートバイ事故で右ひざの内側が曲がらず痛い人の治療。

焼酎を口に含み患部に吹き付けて治療します。

息とは生きる の意 息(生き)で治すのが義父の基本的な治療法です。
ちなみに義父はお酒は飲みません。




治療2

腹痛で病院に通院しても治らず治療に来ました。

霊的なものを感じたお父さんは
庭から葉をちぎってきて 
お経をあげながら 患部にふれ
それを後ろに投げて 原因を探りました。

投げた葉から 何かを教えてもらっているようにみえました。

結果

義父:家の水路ふさぐ工事をしただろう
患者:はい
義父:そのために出口がふさがれて流れなくなって困っている霊が居る
    家の角にある大きな石(お父さんは知らないが見えるそうです)を

    お線香と塩で清めなさい

患者:わかりました


もっと具体的に何か言っていたようですが私のタイ語力では理解不能

その晩に彼は快復しました ビバ アメージングタイランド




治療3

酒酔い運転でバイクから転げ落ち骨折 その治療

病院にはもちろん行きますが、早く治るように来ました。
転んで痛い思いをしても懲りない人たち 大好きなノーテンキな人たちです。





もしも私が病気やけがをした時は、
もちろん病院に行き治療を受け手当てを受けます。

その他に村に数人いる特別な力があり
治療のできる人のところにいきます。

村の生活ではそれが普通であり
当然の手当てです。






スポンサーサイト

訪問者数

プロフィール

チェンマイ介護研究会

Author:チェンマイ介護研究会
設立趣旨と理念

SCCニュースPDF版


ようこそ!
せっかく暖かい温暖なタイに移住した方が、体力に自信がなくなり、病気になったのをキッカケに帰国される方を多く見かけるようになりました。

私たちは治療より予防を目指し、自分自身で健康を管理し、もしもの時、温かい北タイで年金の範囲で、介護が受けられる仕組みづくりを目的に介護研究会を立ち上げました。

各活動は「調査」「研究」を基本とし、その結果を北タイ高齢者の皆様へ提案、提言してまいります。

名前は北タイの代表的地名である
「チェンマイ」を冠にしました。


<会の名称>
「チェンマイ介護研究会」
<設立年月日>
2013年12月26日

介護研究会では御意見、
御提案をお待ちしています。


メール送信はこちら


チェンマイ介護研究会一同