記事一覧

断食療法の実験

断食を10日間した
三人の体験を検証した番組です


「断食道場の10日間の生活」をレポート



現代医学では拒否されているのが断食療法です。
薬品業界と食品業界が倒産する危険性がある。
そのため、あらゆる手段を講じて、「食べると幸福になる」
と、宣伝しています。

201609041.jpg


世界中にあふれている食へのこだわりは
私たちのDNAに組み込まれた、飢饉の困窮が原因です。

満腹感は一種の麻薬のように私たちにメッセージを送ります。

「満腹感は満足感」で
定食の完璧に盛られ美しく彩られた食材たちを
完璧に「食べつくし、破壊することへの願望も達成される」
と、ある学者から聞いたことがあります。

しかしながら
ガン、高血圧、糖尿病、脳卒中など現代病は
食べ過ぎによる肥満から起きていることは間違いない


どのように、小食を実践していくのか?
どのように、食品や薬品の宣伝に惑わされない

それが問題である(セェーークスピア)



今日の朝食(2016年9月4日)

201609042.jpg

ご飯 玄米(自家栽培のお米です)
おかず エリンゲ(市販のもの)ウリ、長インゲン炒め
     (ココナツオイル、仕上げにごま油)
     ニンニク、唐辛子(プリックキーヌー)少々




スポンサーサイト

訪問者数

プロフィール

チェンマイ介護研究会

Author:チェンマイ介護研究会
設立趣旨と理念

SCCニュースPDF版


ようこそ!
せっかく暖かい温暖なタイに移住した方が、体力に自信がなくなり、病気になったのをキッカケに帰国される方を多く見かけるようになりました。

私たちは治療より予防を目指し、自分自身で健康を管理し、もしもの時、温かい北タイで年金の範囲で、介護が受けられる仕組みづくりを目的に介護研究会を立ち上げました。

各活動は「調査」「研究」を基本とし、その結果を北タイ高齢者の皆様へ提案、提言してまいります。

名前は北タイの代表的地名である
「チェンマイ」を冠にしました。


<会の名称>
「チェンマイ介護研究会」
<設立年月日>
2013年12月26日

介護研究会では御意見、
御提案をお待ちしています。


メール送信はこちら


チェンマイ介護研究会一同