記事一覧

臨死体験2

NHKスペシャル「立花隆思索ドキュメント」
 「臨死体験~死ぬとき心はどうなるのか」

201608286.jpg

『私』という存在は死んだらどうなるのか、死ぬとき『私』は何を見るのだろうか――



「 20年余り前、臨死体験について徹底的に取材し考察を深めてきた立花隆さん

74歳を迎え、がんや心臓の病を抱えて死を間近に感じる今、
再び臨死体験の最新研究の現場を見つめ、“死”について思索しようとしている。

死の間際に一定の人が見る臨死体験。
臨死体験が世界で注目され始めた1980年代以来、
その解釈としては、

脳内現象として科学で説明できるとする『脳内現象説』と

肉体が死んでも“魂”が存在し続けるという『魂存在説』―――


これら二つの説が互いに相容れない、激しい議論が続いてきた。

そうした中、立花さんは新たな臨死体験の掘り起こしをすると同時に、
そもそも『意識(魂)』と呼ばれているものの正体とは何なのか、
最新の脳科学・心理学・哲学にいたるまで、徹底した取材に基づいて正面から挑もうとしている。

科学的に見て、死後の世界があると言える余地はどれくらいあるのか。

死後の世界がないとしたら、『私(自分)』という意識(魂)はどう生まれどう消えていくのか。

私たちが当たり前と思っている『私』という存在はいったい何なのか。






,
スポンサーサイト

訪問者数

プロフィール

チェンマイ介護研究会

Author:チェンマイ介護研究会
設立趣旨と理念

SCCニュースPDF版


ようこそ!
せっかく暖かい温暖なタイに移住した方が、体力に自信がなくなり、病気になったのをキッカケに帰国される方を多く見かけるようになりました。

私たちは治療より予防を目指し、自分自身で健康を管理し、もしもの時、温かい北タイで年金の範囲で、介護が受けられる仕組みづくりを目的に介護研究会を立ち上げました。

各活動は「調査」「研究」を基本とし、その結果を北タイ高齢者の皆様へ提案、提言してまいります。

名前は北タイの代表的地名である
「チェンマイ」を冠にしました。


<会の名称>
「チェンマイ介護研究会」
<設立年月日>
2013年12月26日

介護研究会では御意見、
御提案をお待ちしています。


メール送信はこちら


チェンマイ介護研究会一同