記事一覧

臨死体験1

「人は死ぬとき何を見るのか」

臨死体験を聞いたことがありますか?

古くて新しい興味の尽きない問題です

201608282


人間は死んだらどうなるのか?
死ぬときに、何か特別の体験があるのか?

201608283


重篤な病人や心肺停止になった方が
蘇ったときに多く語られるこの体験は
多くの謎に包まれています

この動画はちょっと古い(1994年放送)のですが
立花隆氏がNHKの番組で、臨死体験を調査した番組です



臨死体験の多くは次のような共通項目があります

 臨死体験の核になる7つの体験

  (1)体外離脱。自分の肉体から自分が抜け出す。
  (2)暗いトンネルを通る。
  (3)まばゆい光の世界にゆく。
  (4)出会い。神々しい存在(神、キリスト、亡くなった肉親など)と出会う。
  (5)たとえようもない安らぎの気持ちを味わう。
  (6)人生を走馬燈のように振り返る。
  (7)境界線。なんらかの境界(川など)に行きあたりもどって来る。


臨死体験に対しては二つの見方があります

肯定派
キュブラー・ロス博士
「2万例以上の臨死体験の事例から、永遠に生きる魂の存在を確信せざるをえなくなった。人間は死ぬ時に、肉体というさなぎを脱ぎ捨てて、この物質世界とは別のすばらしい世界へ行く。『体外離脱』体験は、魂が肉体から離れたときの体験である」
 
否定派
ジェームズ・アルコック博士
 「臨死体験は、脳の中で起こる幻覚に過ぎず、医学や心理学で解明できる現象である。ある薬物で起こる幻覚に、トンネル体験や光の現象はきわめてよく似ている。危篤状態の患者が、幻覚を見て、あの世に行ったとか、神に出会ったと錯覚しただけである」



死んでみないとわからない 555

そうなんです、
仮説ですが
もし、死後に何か存在するなら
「これはとても楽しみだ」です

死ぬことは五感すなわち
食べること、聞くこと、見ること、匂い、触ることを
この世に置いていくわけです。

そのときに個性は失われるのか?
自分はなくなって別の存在になるのか、
もしくは、別の存在と融合するのか?

早く死にたいとはおもいませんが
お迎えが来たら いつでも逝く用意は出来ています


そのことを考えると
ワクワクするような気がするのは
私の性格の暗さからくるのでしょうか?









スポンサーサイト

訪問者数

プロフィール

チェンマイ介護研究会

Author:チェンマイ介護研究会
設立趣旨と理念

SCCニュースPDF版


ようこそ!
せっかく暖かい温暖なタイに移住した方が、体力に自信がなくなり、病気になったのをキッカケに帰国される方を多く見かけるようになりました。

私たちは治療より予防を目指し、自分自身で健康を管理し、もしもの時、温かい北タイで年金の範囲で、介護が受けられる仕組みづくりを目的に介護研究会を立ち上げました。

各活動は「調査」「研究」を基本とし、その結果を北タイ高齢者の皆様へ提案、提言してまいります。

名前は北タイの代表的地名である
「チェンマイ」を冠にしました。


<会の名称>
「チェンマイ介護研究会」
<設立年月日>
2013年12月26日

介護研究会では御意見、
御提案をお待ちしています。


メール送信はこちら


チェンマイ介護研究会一同