穏やかな死を迎える

「多死社会」になった日本

クローズアップ現代より
“穏やかな死”を迎えたい ~医療と宗教 新たな試み~

去年(2015年)1年間で亡くなった人は、130万人。
日本は多死社会に突入したと言われています。

201608281.jpg

余命わずか “穏やかな死”を迎えたい

そんな人のケアをする「臨床宗教師」の存在があります。

2016年8月の動画です

NHK クローズアップ現代

臨床宗教師 野々目月泉さんは言います
 「口に出して宗教、信心はないとおっしゃってるけれども、
 どこかすがりたい何かがあったり、そういうものがあるのではないかと。
 大きなものとつなぐ役割ができたらいいなと。
 それは私の信じるものに必ずしもつなぐ必要はなくて、
 その方がすがりたい何かにつなぐ役目だと思っています。」





現代の最大の迷信、
科学で解明できないものはない

そろそろ、目を覚ます時期が全ての人に訪れている気がいたします

誰もが持っている自分なりの死生観があります

臨床宗教師の役割は、患者の言葉を手がかりに理想の死のイメージを探ることだそうです


「死は、悪いこと、生者に対しての裏切り」
とみる現代の人たちは、
「死んだら何もなくなる、無になり暗闇しかない、あの世はない」と信じています

平均寿命が世界一となり、
「いかに長く生きるか」ばかりが注目される日本において
「いかに死ぬか」という死生観の尊重されるべきではないでしょうか

死というのは悪いことではない、そんな観点に立つと

世の中の人の、
死というものを特別なものとして
そういうものを見ないように避けて通っているのが崩壊します

親しい人の死が身近に見られない
今の世の中は、ちょっと不幸な時代になったのかな?






スポンサーサイト