「足りるを知る」と「安楽死」

「高瀬舟」を久しぶりに読んだ

20167301.jpg



森鴎外
の代表作「高瀬舟」のテーマは、「知足」と「安楽死」です

医者(軍医)だった「高瀬舟縁起」に森鴎外自ら書いています

安楽死という概念は、日本でも明治時代にすでにありました




20167302.jpg


 「知足」

 「庄兵衛はただ漠然と、人の一生というような事を思ってみた。

 人は身に病があると、この病がなかったらと思う。

 その日その日の食がないと、食ってゆかれたらと思う。

 万一の時に備えるたくわえがないと、少しでもたくわえがあったらと思う。

 たくわえがあっても、またそのたくわえがもっと多かったらと思う。

 かくのごとくに先から先へと考えてみれば、

 人はどこまで行って踏み止まることができるものやらわからない。」



 その点、罪人・喜助は、苦しい生活から一転、

 皮肉にも罪人となることで、食事をもらえるようになり、

 流刑先での生活費までもらえるようになり、晴れ晴れとしている。

 あの極貧生活に比べれば、十分すぎるほどの待遇をしてもらっていると、

 満足している様子に、船守りの庄兵衛 は、

 「足るを知る」境地にいるような喜助に、人生というものを考えさせられる




20167303.png


 「安楽死」

 喜助の犯した罪は、弟殺しの罪であったが、

 苦しむ弟を楽にしてやりたい、という一心からの行為であり、

 殺意ある殺人ではなく、いわゆる「安楽死」であった。

 「これが果して弟殺しと云うものだろうか、
 
 人殺しと云うものだろうかと云う疑いが、

 話を半分聞いた時から起ってきて、聞いてしまっても、

 その疑いを解くことが出来なかった。

 弟は 剃刀を抜いてくれたら死なれるだろうから、抜いてくれと云った。

 それを抜いてやって死なせたのだ、殺したのだとは云われる。

 しかし其の儘にして置いても、

 どうせ死ななくてはならぬ弟であったらしい。

 それが早く死にたいと云ったのは、

 苦しさに耐えなかったからである。

 喜助はその苦しみを見ているに忍びなかった。

 苦から救ってやろうと思って命を絶った。

 それが罪であろうか。

 殺したのは罪に相違ない。

 しかしそれが苦から救うためであったと思うと、

 そこに疑いが生じて、どうしても解けぬのである。」

 苦しみがあれば、苦しみがなければと祈る。

 苦しみが無くなりさえすれば、それで十分、それ以上は望まない、

 とその時は思う。

 贅沢は言わないから、この苦しみから解放されたい、と願う。



 人間は、生きていること、それだけで素晴らしい、

 そのことを喜ばなくてはならない、と言われる。

 でも、苦しくなると、とてもそんなことは言っていられない。

 生きているだけで満足せよとは言えない。

 「生きている」
 ただそれだけに満足できなくなったときが、死ぬときなのだろうか?

 安楽死の是非の境目は、あるのだろうか?

 人間は、何がどうなれば、満足できるんだろうか?

 満足してしまったら、向上がなくなると人は言う。

 それでは、死が避けられない人にとっての、向上とはなんぞや?



 どこまで頑張れば、

 「十分頑張った、頑張ってきてよかった」

 と満足できるのかが分からない?

 そもそも、お金にしても「知足」などあり得るか?

 儲かれば儲かるほど、もっと欲しくなるだろうし、

 刺激が更なる刺激を求め、欲望は肥大し、止まらなくなる。

 やがて、その欲望が、自分自身の首を絞めることになっても・・・。



 「安楽死」

喜助の穏やかさの基になっている 「知足」

どのように捉えるかは、人それぞれでしょうが

答えが出ずに、いつもここで止まってしまう私の読後です。



自殺幇助が合法化されているスイスで
宮下洋一氏が、ある女性を取材した記事です

「安楽死選んだ女性 最後の16時間の一部に密着」

http://news.livedoor.com/article/detail/11474208/






スポンサーサイト