記事一覧

孤独死の作法

「単身世帯の終活」として
「ステキな孤独死」を迎える作法


「2030年には2人に1人が孤独死」を考える

20167221.jpg

孤独死=悲惨は本当か?を問う本です

明るく前向きな「単身世帯の終活」として
「ステキな孤独死」を迎える6つの作法をご紹介しています

まえがきより抜粋

そもそも、「孤独死」というのは本当に悲惨なものなのでしょうか──。
看取られずに死ぬのは悪いことなのでしょうか──。
看取られることだけが「幸福な死」なのでしょうか──。

私は思うのです。
看取られずに死ぬのは、決して悪いことでも淋しいことでもない、と。
ましてや不幸なことでもない、と。
「孤独死」が避けられない現実であれば、これを受け入れればいいだけのこと。避ける必要などありません。

覚悟さえ決めてしまえば、「孤独死」もそれほど悪くないと思うのです。
悪いのは、看取られて死ぬことこそが「幸福な死」だと決めつけることでしょう。

ただ、「孤独死」は結果的に周囲に迷惑をかけることが多いようです。
発見が遅くなればなるほど、遺体は傷みます。
その事後処理はもちろん、葬儀やお墓、財産分与などの問題も出てきます。

多くの方は「遺される家族や親族に迷惑をかけたくない」とおっしゃいます。
ごもっともです。迷惑をかけたいと思っている人などいません。
でも、人がひとり亡くなれば、多かれ少なかれ誰かに迷惑をかけることになります(その人が迷惑と感じるかどうかは別として)。
それが「孤独死」であれば、なおさらです。

では、それを防ぐには、どうすればいいのでしょうか?
答えはひとつしかありません。相応の準備をしておくことです。
準備さえしておけば、残された家族や親族や友人への迷惑は最小限にとどめられます。
それが「孤独死」を覚悟した人の最低限のマナーかもしれません。

立つ鳥、跡を濁さず。
そう、「孤独死」にも作法があります。
本書は、避けようとしても避けられない、もしかしたら避ける必要なんてないのかもしれない「孤独死」を、前向きにあかるく迎えるための指南書です。



この本の目次

第1章 孤独死なんて怖くない!
第2章 作法1 自分の「老後」を想像する
第3章 作法2 できるだけ早く発見してもらう―早期発見のためのセーフティネット
第4章 作法3 遺産の行方を知っておく―孤独死と相続の不適切な関係
第5章 作法4 葬儀について最低限の準備をしておく―どんなふうに弔われたいか
第6章 作法5 入るお墓を用意しておく―あなたが安らかに眠る場所
第7章 作法6 遺された人にメッセージを残す―遺言書とエンディングノート
第8章 「ひとり」を楽しみ、ステキな孤独死を迎えるために







スポンサーサイト

訪問者数

プロフィール

チェンマイ介護研究会

Author:チェンマイ介護研究会
設立趣旨と理念

SCCニュースPDF版


ようこそ!
せっかく暖かい温暖なタイに移住した方が、体力に自信がなくなり、病気になったのをキッカケに帰国される方を多く見かけるようになりました。

私たちは治療より予防を目指し、自分自身で健康を管理し、もしもの時、温かい北タイで年金の範囲で、介護が受けられる仕組みづくりを目的に介護研究会を立ち上げました。

各活動は「調査」「研究」を基本とし、その結果を北タイ高齢者の皆様へ提案、提言してまいります。

名前は北タイの代表的地名である
「チェンマイ」を冠にしました。


<会の名称>
「チェンマイ介護研究会」
<設立年月日>
2013年12月26日

介護研究会では御意見、
御提案をお待ちしています。


メール送信はこちら


チェンマイ介護研究会一同