酵素な生活2 青マンゴー

青マンゴーは、糖度ひかえめ、ビタミンC豊富、

ひかえめな甘さとさわやかな酸味のさっぱりとした味わいです
固めの桃を食べているようなコリコリとした食感がたまりません

完熟マンゴーよりもビタミンCや酵素が豊富といわれ、
美肌づくりやデトックスに役立つ優秀ヘルシー食材なのです

拙宅のマンゴーの木は4種類6本植えてあります
完熟で食べるマンゴーは2本だけで、残りの4本は青マンゴーで食べます

20167132

20167131

マンゴーがたくさん実ると
「マンゴーの漬物」をつくり、一年中食卓で愛食します



タイでは、完熟よりも
固くて酸っぱい青マンゴーを好む人が多くいます
3月~7月まで市場に出回ります

201671211

上の写真は、スパーBigCで30バーツ(約100円)で売られているものです
ナムチムという唐辛子入りの砂糖や甘辛い味噌をつけて食べます
2016年7月12日撮影

ナムチムは150バーツ程度(約480円)です
201671212


青パパイヤを使ったサラダ「ヤムマンムアン」も人気のメニュー
ソムタム(パパイヤサラダ)よりも甘ずっぱい味わがあります
一袋35バーツ(約110円)で

201671210

お皿の上で混ぜるだけで出来上がります

201671213



マンゴーの栄養価

マンゴーはビタミンA、βカロテン、ビタミンC、葉酸が豊富
青いものはビタミンCの含有量が多く、よく熟すほどβカロチンの量が増加する
カロリーは、100グラムあたり64kcal。1個あたりの可食部195gで、125kcal

・ビタミンA:視力の低下や疲れ目の予防に効果的

・βカロテン:細胞を保護して生活習慣病や老化防止に効果的

・ビタミンC:免疫力を高め、風邪の予防になる。抗がん・解毒作用もある
       メラニン色素生成を防止し、美肌にも効果を発揮

・葉酸:神経細胞の代謝、成長を補助する、脳の神経伝達物質の産生を促進
     肝臓、皮膚の健康維持にも効果あり。

・リン:カルシウムと結合して、骨の主成分となる。神経や筋肉の機能を正常に保つ

・食物繊維:腸を整え、血中コレステロールや血糖値上昇を抑える作用もある

・ビタミンB1:筋肉疲労の回復、心臓機能を正常に保つ
        中枢神経の働きを正常にさせ精神安定にも効果あり

・ビタミンB6:健康な皮膚、髪、歯をつくり、成長を促進する
        正常な免疫機能を維持し、筋肉活動、血糖の維持に必要







スポンサーサイト