タイ 遺族年金申請・その3

タイ人妻の遺族年金受給額を知る

遺族年金額を大まかに知る

20166241

計算方法

遺族厚生年金の額は、大まかにいうと
夫の厚生年金(老齢厚生年金)の四分の三です
もし100万であれば75万だし、200万であれば150万になります

細かく書くと、
(平成15年3月までの平均標準報酬月額(給料)×7.5/1000×
平成15年3月までの厚生年金加入月数+15年4月以降の平均標準報酬月額×
5.769/1000×15年4月以降の厚生年金加入月数)×物価スライド率×3/4

厚生年金加入中に死亡した場合で、
厚生年金加入月数が300月(25年)に満たない場合は、
上記で計算した額に(300月/厚生年金加入月数)を乗じた額となります

中高齢寡婦加算とは、
1階部分の遺族基礎年金がない場合の年金ですから、
老齢基礎年金の満額の4分の3になります。(約60万)

中高齢寡婦加算は65歳までです
65歳以降年金が減るのはおかしいということで、
自身の老齢基礎年金との差額分が経過的寡婦加算として
厚生年金から給付されるので、結論、金額は同じです

本気で調べたければ
確実で間違いのない方法があります

最寄の社会保険事務所で調べてもらう

日本に一時帰国した折に社会保険事務所で調べる

社会保険事務所に年金手帳や年金通知ハガキのように
番号が表示されたものを持参すれば足ります
他の手続などをすることもありえますので、認印も持参した方がよいでしょう

担当者に「遺族年金の見込み額を出してください」といえば、
遺族年金見込票を印刷してもらえます
多少の待ち時間や、受付票の記入など面倒なこともありますが、
社会保険事務所での年金相談が確実です

他者の場合は、委任状を持参すれば調べてもらえます


日本年金機構に郵便で問い合わせる方法
便箋かワードに問い合わせたい内容を書きます



(例)
○○社会保険事務所 お客様相談室様

平素は年金に関して心温まるサービスを賜り厚く御礼を申し上げます
タイ人妻の遺族年金の試算額を知りたく質問させていただきます

私はタイに在住のために社会保険事務所に出向くことができません
やむをえず、文書で質問することをお許しください


質問事項
私の死後、タイ人妻が受け取る概算の遺族年金額をお知らせください


※タイ人妻は国民年金などの公的な年金には加入したことがありません
※妻の年齢は XX才  子供、X才 
※家族4人で生計を同じにして、私の年金で生活しております  

 以上、よろしくお願い申し上げます

年金番号  12345678-115
住   所  123-4 M.2 A.xyz T.abc C.ChiangMai 50100 THAILAND
氏   名  浦島  太郎 (うらしま たろう)
電   話  タイ国 088-888-8888
E メール   aaaaaaaa@maaail.com
生年月日   昭和  年  月   日



住所を記入したらタイの郵便局へ持っていきます
郵送は、書留が間違いがない方法です
タイ語ではロンタビアン(書留)といいます


同封するもの
自分の免許証のコピー
返信用封筒に90円切手を貼って自分宛の住所を書く

日本の切手がない場合は
1,000円札を入れ、(反則技ですが)
注意書きにEMS郵便で送ってください
と書いておくといいでしょう。おつりは、切手できます

タイ 遺族年金申請・その4に続く



,

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する