医食同源№3 ゴーヤの原種・マラキーノック

医食同源№3

ゴーヤの原種・マラキーノック


201706041.png


北タイも5月中旬を過ぎるころから、雑草と一緒に目立つのが、この植物です。

 つる性で、場所を選ばず繁殖し、タイの人たちにとって、食卓に欠かせない、

安価な食材であり、同時に健康食であり、その栄養価はゴーヤをしのぎます。


効能

糖尿病の改善、血糖値の改善、抗HIV-1効果、

免疫機能の向上、抗癌作用、食欲増進、虫下し、

面チョウ、食あたり.腹痛、白内障.緑内障の予防、

頭皮の皮脂の分泌を抑える作用

マラキーノックに含まれる「フィトインスリン」により、

血糖値を改善することが証明されています。

通常の血糖値の方は、血糖値は変わらず、

低血糖の方は、グルカゴンを代謝し血糖値を上げるというような、

選択的な血糖値改善結果が、各研究機関で確認されています。

また、「トリテルペン、ポリペプチド」の働きで、

免疫機能の向上なども各研究機関の実験により確認されています。



マラキーノックの食べ方

201706042.png

201706043.png






,








スポンサーサイト