活動報告「こどもの日」

チェンマイ介護研究会・活動報告 (2017年1月14日)

< 子供たちと人形作りを楽しむ >


タイ国では、毎年1月の第2土曜日は「こどもの日」です。

「こどもの日」のイベントに参加した報告です。




昨年の12月にランプ-ンに、大型百貨店「ジェムファーショッピング.モ-ル」が開店しました。

この百貨店では、子供の日にあたり、いろいろの企画のもとに楽しい一日を過ごしてもらおうと、

たくさんのイベントの開催があり、子供たちは大喜びでした。

201701294


その一つの企画として、「人形作り体験コーナー」を、

SCC副代表の戸井田紗代子氏に「要請があり」実施致しました。

201701298


約200名の子供達を午前と午後の2班に別けて、指導者としてSCCメンバ-のほか、

タイのご婦人達の協力を得て、更に子供達の父兄も加わり、たいへんな賑わいでした。

201701296

201701295


今回は、子供達に、クラフト粘土を材料として、日本人形を作ってもらいました。

201701299


小さな子供から中学生ぐらいの子供達の人形作りで、

皆さん汗だくで、時の経つのを忘れての奮闘振りでした。

201701293

201701292


「物作りは人創り」

物作りは、

作る楽しさが味えると共に、ものに合わせて自分のやり方を変える必要があることから、

子供達の成長に、大いに貢献できたものと思います。


メンバ-にとって、子供達の笑顔に触れながらの指導は、

「感動を逆に頂くことになり」

その労は癒され、大きな満足感のある活動の一日でした。


また、子供の父兄の皆様とも繋がりが出来たことは、

日ータイ交流にも役立つ事ができました。


最後に、大勢の人達が見守る中、

経営者のアンチュ-ン氏より特設舞台上でメンバ-一同に感謝表彰を受けました。

2017012911


2017012910





スポンサーサイト

日本人の国外退去

2016年8月に
チェンマイ在住の日本人が国外退去させられました。


こんな情報を、ある方から寄せられました。

201701262


原因はタイ人妻への暴力で、

タイ人妻が耐え切れずに警察に通報して

日本人夫は警察に収監され、国外退去となりました。

この日本人は、二度とタイに入国は出来ないとのことです。


内容不明で、その日本人に経緯を聞くこともできませんでした。




最近のはタイ国内において

夫のDVや妻のDVが騒がれており

タイ警察もその事実が確認されれば、収監して取り調べ

場合によっては、外国人は国外退去の手続きが取られます。



ある事例

日本人72歳 タイ人妻40歳 結婚歴10年

タイに遊びに来て、チェンマイが気に入り

ロングステイビザを取得(60歳)しました。

その後、日本語が少しできるタイ人と知り合い62歳で結婚しました。


600万バーツ(約1,800万円)でチェンマイ市内に

彼女名義で家を購入、ベンツを2台購入して

安心して一生をこの地で過ごすつもりでいました。



それから10年経って

脳梗塞を患った日本人夫は右半身がききません。

「毎日イライラの日々となり」夫婦喧嘩が多発するようになりました。


この男性は「頑固で亭主関白」だったようで、

タイ人妻にもつらく当たり、口汚く罵ることが多く

物を投げつける日もありました。


そんなある日、

物を投げられ頭部に当たりました。

医者で治療したあと、身の危険を感じて

タイ人妻は警察に行き事情を話しところ

その日のうちに、日本人夫は逮捕収監されてしまいました。


警察と入国管理局が出した答えは

「国外退去」です。


慌ててタイ人妻は役所に掛け合い

「嘆願書を作成」「知り合いの警察官」などに頼み込んで

この日本人夫の国外退去を阻止することができました。

201701261



その時の条件は

*二度とタイ人妻にDVをふるわない

*もし、今回と同じことをしたら、即国外退去


を言い渡され、誓約書を書いたそうです。



タイ人妻からの相談例

日本人夫の介護のために

タイ人妻の弟を頼みました。


日本人夫は78歳で最近物忘れが激しく

おそらく、アルツハイマー型認知症の初期症状と思われます。

糖尿病で椅子に一日中腰かけています。

しかし、突然大声を上げたり、暴れることがあり、

怖くて、その結果、弟を呼び寄せ二人で看病を始めました。


しかし、夫はこのことが面白くなくていつも怒っているそうです。

お手伝いのタイ人女性を雇ったこともあるが

定着率が悪く、夫に睨まれるのが怖くて、一日で逃げ出したお手伝いもいたそうです。


日本人夫には、日本に身寄りもなく

どのように今後したらよいのかを相談されました。

読者の方でしたら

どのようにアドバイスされますか?





上の事例に近いことは、耳にすることが多くあります。

タイ人妻を持つ日本人は

ここがタイであることを忘れてはいけません。

私たちは招待状をもらってタイに住んでいるわけではありません。

タイに好きで来て、好きに暮らしているわけで、

不満はあっても我慢をしなくてはなりません。

極論を言えば、「嫌であれば出て行きなさい」です。



この地を日本と比べれば

インフラもタイ人の学力、計算能力など劣ります。

時間にもルーズだし、タイ語を勉強しない日本人は住みにくいはずです。


日本と比べることを卒業しなければ

住みよい地は一生涯見つからず、幸せも寄ってきません。





見守りシステム

日本国内において「見守りシステム」が

安価で簡単に利用できるようになってきております。

今後、益々の利用者の利便性を向上してもらいたいと思います。



日本郵政グループの「iPadで高齢者見守り」

日本郵政グル-プの日本郵便は2016年11月17日、

米アップルのタブレット端末「iPad」を利用した高齢者向けの「見守りサ-ビス」を

今年(2017年)3月にも全国展開する方針を固めた記事が11月18日産経新聞に掲載された。

発表によると

1人暮らしの高齢者などの生活を支援する

「郵便局の見守りサービス」について、内容やエリアを10月から拡充すると発表しました。

警備大手のセコムやアルソックと連携し、緊急時の「駆けつけサービス」をオプションとして提供する。

現行で1道5県567局のエリアは、1都1道11県738局まで広げるという。



これは、地域に密着した2万4千局のネットワ-クとITを活用した新事業であるが、

「みまもりサ-ビス」は、米国IBM、アップルと共同で昨年10月から山梨、長崎で試験的に実施していた。

両社が開発したアプリをインスト-ルしたアイパッドを高齢者に利用してもらうことで、

離れた場所に住む家族が高齢者の健康などを確認できる。

利用料はアイパッドの貸出料も含めて月額3千円程度とし、

4年後には50万人の利用者を目指している。警備会社が高齢者の緊急時に駆けつけるなど、

他事業者と連携したサ-ビスの拡充も検討している、このサ-ビスは、

高齢者にアイパッドを教える必要があるなどの人手がかかる難点がある。

しかし、過疎地に広がる郵便局ネットワ-クを生かせれば、十分に収益を確保できると判断している。

今後はアイパッドだけでなく、アンドロイドのタブレットへの対応も予定している。



セコムによる「救急通報機能を備えた活動量計」

セコムは2016年12月21日、

救急通報機能を備えた活動量計「セコム・マイドクターウオッチ」を開発したと発表した。

リストバンドタイプのウエアラブル端末に組み込まれたセンサーにより

転倒、脳梗塞、心筋梗塞などの異常を自動的に検知して救急通報を行うほか、

歩数や消費カロリーなどの活動量を計測して健康管理を行う。


異常の通報を受信したら緊急対処員が自宅に駆け付ける。

必要に応じて救急車の手配も行う。

2017年1~3月にかけて試験利用を行い、同年初夏からサービスを開始するという。

従来のものは端末を操作して急変を通報したが、操作が不可能な場合が多かった。

新たに発表された端末は自動的に異常を検知し、緊急通報を行える。

人体への影響などの問題について検証が必要であるが、画期的なシステムとして注目される。





北タイで「見守りサービス」を展開しているNSD社も同様のシステムを開発中とのこと。

独居者などにとって心強いシステムであり、早期の実現に期待したいものです。