水分不足で認知症に

「このままだと若年性認知症になりますよ」

タレントの梅宮アンナ(44才)は、今年2月、医師にそう告げられ、

ショックのあまり言葉を失ったという。

7月に無事手術を終え、自宅療養をしている父・梅宮辰夫(78才)に十二指腸乳頭部がんが発覚する前のことだ。

「うちは“がん家系”ということもあるので、40才を過ぎてから、

年に1回は人間ドックを受けるようにしているんです。

でも今年の検診で先生から言われて“えっ?”って。

臓器や機能はほぼほぼ健康だけど、唯一、お水が足りてないって…」(アンナ)



若年性認知症とは、64才以下の人が発症する認知症のこと。

高齢者の認知症と比べれば圧倒的に数は少ないが、

若年性認知症によって職を失うきっかけになったり、

年齢が若いため利用できる福祉サービスが少ないなどの問題もある。


2009年の厚生労働省の発表では、

若年性認知症患者は約3万8000人おり、発症年齢は平均51才。

アンナの年齢は平均よりもずっと若く、衝撃は相当のものだっただろう。

それにしても、だ。水が不足すると認知症…? 一体どういうことなのか。



「実は体内の水分不足は、認知症と非常にかかわりが深いんです」と話すのは

『水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない』の著書もある国際医療福祉大学大学院教授の竹内孝仁さんだ。


竹内さんによれば、「老化とは体内の水分を失っていく過程」なのだという。

そもそも、人間の体の大半は水分でできている。

子供の水分量が約75%なのに対し、成人では約60%、

高齢者は約50%と、次第に減少していく。


「血液はもちろん、体の細胞全てに水分は含まれています。

中でも、体内で水分を最も蓄えているのは筋肉です。

筋肉の75%は水分なので、筋肉量が少ない高齢者は水分不足に陥りやすい」(竹内さん)


さらに、感覚の鈍化により、

喉が渇いてもそれを感じにくくなることで生じる

“摂取量の減少”や、腎機能の低下により

尿に含まれる水分の割合が増える“排出量の増加”が追い打ちをかける。

「そうして体内の水分のたった1%でも欠乏してしまうと、意識がぼんやりしてきて、

意識障害に陥ります。体重50kgの人なら、1%は250ml。500mlペットボトルのたった半分の量なんです」(竹内さん)

体の水分が1%減ると意識障害が起きる!


水分の欠乏が、一体、認知症とどのようなかかわりを持っているというのか。竹内さんは続ける。

「そもそも認知とは、“ここがどこで、なぜここにいるのか”ということを、

認識、理解、判断する総合的な精神の働きのことです。

今置かれている状況を理解する力を認知力といいます。

認知症になると、この認知力が下がってくる。

認知力の低下の原因に関係するのが、脳の覚醒水準、

つまり、意識がハッキリあるかどうかなのです」


認知症になる高齢者のほとんどが、意識がぼんやりしている状態だという。

例えば、夏の熱中症で考えてみてほしい。

熱中症でまず表れる症状は意識レベルの低下だ。

頭がぼーっとして、そのうち体がふらつき、倒れてしまう。

「体から水分が1%減ってしまうと、体全体の細胞を正常に機能させることができなくなるため、

意識が朦朧とし、熱中症になったような意識障害が起こるのです」(竹内さん)
 

体内の水分は、おしっこ、汗、排便などで、生きていれば毎日必ず体から出ていく。

出ていった分を補わなければ、欠乏状態になるのは当然のこと。

欠乏した状態・脱水が継続していけば、最初はちょっと頭がぼーっとするというところから始まり、

そのうち物忘れが続き、本格的に認知症が始まっていく。
 
飲んでいる水の量が多い人の方が物忘れが少ないことは、

今から8年前、竹内さんが鳥取県琴浦町の老人クラブの協力のもと行った

健康実態調査(65才以上で介護保険未申請の4827人対象)でも実証されている。

1日にコップ3杯しか水を飲まない人は、6杯以上飲む人よりも5%程度物忘れが多いことがわかったのだ。


「水の量と物忘れの度合いは完全にリンクします。

水を飲んで覚醒水準が上がると、物事を見聞きした時の印象が強く残るようになる。

頭がシャキッと起きるんですね。

すでに認知力が落ちていた人でも、体の細胞に水分が満たされてくれば、

覚醒水準は必ず上がってきます」(竹内さん)

徘徊や夜中に大声をあげたり暴れたりする認知症の症状は

完全に水分不足であり、しっかり水を飲めば、数日で劇的によくなると竹内さんは言う。

「若年性認知症も高齢者の認知症も原理は一緒。物忘れ防止のためにも、

40~50代から水を飲む習慣を身につけておいた方がいいんです」(竹内さん)

※女性セブン2016年11月17日号



,
スポンサーサイト

「糖質制限」で末期がん患者の8割が改善

「糖質制限」で末期がん患者の8割が改善


「糖質制限」で末期がん患者の8割が改善 衝撃の研究結果

多摩南部地域病院外科医の古川健司氏(医学博士)

「三大治療」と呼ばれる手術、抗がん剤、放射線によるがん治療は日進月歩だが、

「末期がん患者の8割が改善された」という衝撃の研究結果が発表された別の治療法がある。

意外なことにそれは、最新技術とは一切無縁の食事療法だった。


主食のご飯やパン、麺など炭水化物に多く含まれる

糖質の摂取量を減らす食事法「糖質制限」は、

糖尿病患者などに効果があることで知られるが、

がん患者への効果を示すエビデンスはこれまで存在しなかった。

そんな中、糖質の摂取量をゼロに近づける“究極の糖質制限”になると、

がん治療にも効果が見られたという臨床研究データが発表された。

大腸がんや乳がんなどステージIVの末期がん患者を対象に、

世界初の臨床研究を行なったのは多摩南部地域病院外科医の古川健司氏(医学博士)である。


古川氏が語る。

「がん細胞は炭水化物から合成されるブドウ糖を栄養源としています。

しかも正常細胞の3~8倍のブドウ糖が必要。

ならば、それを断つことでがんの進行を抑制できないかと考え、2015年1月に研究を開始しました。

19人の末期がん患者に抗がん剤などの既存の治療と、

糖質制限による食事療法を3か月続けたところ、予想以上の効果が出た。

がんの症状が消失した完全寛解が5人、がんが30%以上消失した部分奏効が2人、

進行を制御した例が8人、一方で病状が悪化した例は3人という結果でした。

完全寛解率28%、部分奏効や進行制御も含めた

病勢コントロール率(治療効果のあった患者割合)は実に83%に達しました」




患者の大半は三大治療では治る見込みが薄かった

末期患者であることを考えると、驚異的な数字といっていいだろう。

※週刊ポスト2016年12月2日号




,

妻の遺族年金・年齢制限

遺族年金は平成19年(2007年)までは
妻の年齢が何歳であっても一生涯遺族年金が支払われてきました。


しかし、いまは年金の改正があり次のように変更になっております。

201611248.jpg




平成19年4月 厚生年金保険法 法改正

タイで若い女性を嫁にした場合に
「妻の年齢が何歳であっても遺族年金が一生涯支払われる」

このように誤解されている言動が最近目立ちます。

そこで、2007年に改正された年齢制限についてまとめましたので

これを参考に、理解を深めて正しい知識を得てください。



201611245.jpg
201611246.jpg
201611247.jpg