タイ ロコモになるな

ロコモティブシンドローム(以下ロコモ)は
骨、関節、筋肉など、体の動きに関わる器官の老化が進んでいく現象です

20166302


あなたももしかしてロコモ?
「ロコチェック」を使って簡単に確かめることができます

  1)片脚立ちで靴下がはけない
  2)家の中でつまずいたり滑ったりする
  3)階段を上るのに手すりが必要である
  4)横断歩道を青信号で渡りきれない
  5)15分くらい続けて歩けない
  6)2kg程度の買い物(1リットルの牛乳パック2個程度)をして持ち帰るのが困難である
  7)家の中のやや重い仕事(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)が困難である

 7つの項目はすべて、骨や関節、筋肉などの運動器が衰えているサインです

 1つでも当てはまればロコモの心配があります


 ロコモ予防体操(軽め)

20166305



 ロコモ予防体操(普通)
 20166303



 ロコモを予防するということは、
  これらの運動器の老化スピードをできる限り抑える、ということです

 では、どうすれば運動器の
 老化スピードを抑制することができるのでしょうか

 それには、まず日々の運動習慣が関係します
 運動機能の低下は、
 加齢によってある程度避けられない部分もありますが、
 若い頃から適度に使ってきたかどうかが影響する部分もあります


 ロコモを予防したい、
 これ以上の進行を遅らせたい、

 そういう思いのある方は、
 今からでも遅くありませんので、
 自分の健康状態に合わせて体を動かしていきましょう






スポンサーサイト

タイ 香典の金額

タイ 香典の金額

迷う香典の金額服装を考えてみました

20166285


日本人が悩む最大の焦点は、香典をいくら包めばいいのか?

日本現状は
香典返しを考慮する日本の相場は
身内は3~10万円、親類は1~3万円位、職場は3~5,000円です



それではタイの香典はいくら位なのでしょう

タイのお葬式は日本式と違い
香典返しの習慣がありません

お葬式の期間も5~7日くらいと長期にわたります
お通夜と告別式は日本と同じように最後の二日間です

さて実際の金額ですが
タイでの香典金額の参考例(1バーツ3~3.5円で計算してください)

親族関係
両親         10,000バーツ
兄弟・姉妹      3,000バーツ
祖父母        1~3,000バーツ


友人・知人
日本人仲間        500バーツ
隣近所      100~300バーツ
勤務先         500バーツ


香典袋は普通の封筒です
タイ人のお葬式であれば、受付に置いてあります
名前を表に記入しますが、金額の裏書はあまり見かけません

20166283

香典を渡すのは、サマーチック(会費)を入れる箱ではありません
日本人は慣れていないので、招待者に渡せばいいと思います


お線香は両手で挟んで顔の前で合掌します
タイ語で書いてあるお経を3回(短いお経)読むのが習わしですが
読めない人は黙とうでかまいません
お線香の火を、息で消してはいけないのは日本と同じです

20166281

タイでは一般的に喪服は着用しません
タイ人たちの出席者を見ると
白のYシャツか黒っぽいポロシャツで、履物はサンダルです

20166284

20166282


「悪いんだけど、棺箱代出してしてもらえる」
と、近い親類から言われたことが何回かあります

棺箱代はこちらでは3,000バーツです
近い親類であれば、この金額を出すことも多々あります

日本のように、4と9を忌み嫌う習慣はありません

お坊さんのお経は
死んだ人を弔う(ともらう)ことではありません
生きている人に対して、お経は唱えられます
















タイ 遺族年金申請・その5

遺族年金請求者の氏名・住所を一つに決める
(書き直しの手間を省くため)

日本の申請書なので日本語で記入することになります

各種申請書の氏名や住所が一字でも違えば
書き直して再送付するしかありません
(郵送済みの書類に訂正印は押せません)
あらかじめ、訂正印を同封することもできません

相手はお役所ですので
社会保険労務士に依頼するのとは違います
一字訂正でも、役人がすれば「改ざん」になります

パソコンで一度作ればそれをコピペでいけます

20166271

用紙への記入は細心の注意が必要です
間違って記入した場合は
適切な訂正印を押印で問題は起きません
問題は送付してしまった書類の訂正はできないことです


例として
「センタグワン」と戸籍謄本に書いてあるのに
「センタワン」と書いてしまった場合、
チェックされることになり、問い合わせがきます
その結果、なぜ違っているのか
証明するか書き直しをしなければいけません

英語名も同じで、IDカードに記入のローマ字と
申請書が違えば問題になり書き直しの対象になります

タイ人の生命保険請求で
パスポートとIDカードのローマ字が違っていて
その訂正及び証明するために、
6ヶ月の期間と手間がかかったことがあります

小市民の私たちにしてみれば
その位のこと、一字くらいなどと考えがちですが
不正請求、成りすまし請求など犯罪防止から
致し方ないことで、「正確に書かない自分が悪い」のです

遺族年金申請・その6に続く





,