タイの開業医 クリニック

大病院の医者が
開業医をしていることを知っていますか?

タイで病気になったとき
日本人はタイ語ができないために
高額な治療代を請求される「大病院」にいきますが
同じ先生が、開業医として診療所を経営しています

その名は「クリニック」と一般に呼ばれています

S_4392582990170.jpg

開業時間は 朝6:30~8:30 夕方16:30~20:00
        土曜日 朝6:30~正午まで 休日は休み 
      

このような時間帯で開業しているクリニックは
大病院の医者が診察しています
(歯医者と美容関係クリニック除きます)



軽い風邪や発熱の治療は市販薬に頼ることが多いと思いますが
安い料金で診てくれるクリニックを利用しましょう

私の妻が左足上部に痒みを感じて、市販の塗り薬を塗っていましたが
ますますひどくなり、左足の上部全体に赤い湿疹が広がり、痒みも止まりません

クリニックに行ってきました

S_4392582930878.jpg

診察室は3部屋あり
日本の診療所を思い出させます

写真は受付と薬局、支払いができる窓口です
S_4392583143341.jpg

待合室の様子です
表にもたくさんの人が診察を待っていました

S_4392583046997.jpg

診療を終えて出された薬が三種類です(一週間分)
かゆみ止めの軟膏 かゆみ止めの薬 抗生物質
料金は190バーツ(約600円)です

出される薬は、ゼネリックが普通です

S_4392745560107.jpg


妻は、翌日の朝には痒みも収まり快方に向かっています



タイ人は急病の場合を除いて
このような総合診療所「クリニック」で診てもらいます

重い病気が疑われる場合、専門医に紹介状を書き、別の病院を紹介されます
(クリニックは手術やレントゲン、血液検査の施設はありません)

病人は、経済的に困窮していなければ「クリニック」で診察を受けいます



「クリニック」にも行けない経済的困窮者は
タイにはただ同然の30バーツ保険があります
ただし、待たされる、時間がかかる、薬も不十分など不自由です

私の村で経験した実例

タイ人の親類が盲腸炎で入院しました
30バーツ保険の適用を受け、大病院で手術を待ちましたが
2日間、病院のベットで待たされ、手術後は、3時間で退院となりました

喘息で時々、点滴と呼吸器を郡の病院で受けて
2か月に1度は入院治療を受けています

血液の癌で、血液の成分輸血をしてもらいます
顔色が黒く変色してくると、体の具合が悪くなり点滴に病院に行きます

など、30バーツ保険は不便ではあるが、最低限の治療は受けられます

エイズ患者も自分がHIVに感染していることを宣言して
血液検査も陽性なら薬や生活費の保護が受けられます

30バーツ保険は農民にとって命綱でありますが
軍事政権になってから、30バーツ保険の見直しも含めて、医療改革が行われています
外国人もタビアンバーンがあれば可能でしたが現在は拒否されます











スポンサーサイト

タイ 遺族年金 申請 領事館届の書類

タイ もしも死んだら 領事館に届出る書類

最近、北タイで亡くなる方が増加しております
日本人がタイ国内で死亡した
場合の届出書を整理しておこうと思います




日本の法律では

死亡届(戸籍法第86条,第87条)

手続対象者:親族,同居者,家主,地主,
        家屋管理人,土地管理人等,任意後見人など

提出時期:死亡の事実を知った日から7日以内
  (国外で死亡したときは,その事実を知った日から3か月以内

手数料:手数料はかかりません

添付書類・部数:死亡診断書又は死体検案書・1通

申請書様式:届書用紙(死亡診断書・死体検案書と一体となっております。)

提出先:死亡者の死亡地・本籍地又は届出人の所在地の市役所,
     区役所又は町村役場



タイ国内で
日本人が死亡した場合、次の書類を領事館に提出しなければなりません

(日本に帰国して手続きも可能です)

届出は死亡の事実を知った日から30日以内です

※パスポート原本

※死亡登録証(タイ)(翻訳は領事館で無料です)
  翻訳のコピーを数枚用意しておきましょう、
  遺族年金請求・生命保険などの申請時に必要です

※戸籍謄本(日付が古くてもいいが最新のもの)

※死亡届2通(領事館で無料でいただけます)





説  明
パスポート
パスポートは原本です これは説明不要です

死亡登録証
「死亡登録証(มรณบัตรモラナバット)」の取得

警察のポリスレポート・死亡報告書・病院の死亡診断書、警察病院の「検死報告書」等の
死亡を証明する書類を入手して、
死亡した場所を管轄する区(郡)役場にパスポートを持参し、
死亡登録手続きを行います

「死亡登録証」の遺体処理欄に、
遺体の取り扱いをどうするかを明記する必要がありますので、
日本へ「遺体のまま搬送する」か「遺骨で持ち帰る」か、など決める必要があります。

外国人が死亡した場合、「死亡登録証」内の国民登録番号欄は空欄となりますので、
最下段備考欄に旅券番号を明記してもらいます。
これは、旅券番号を付記することにより本人の特定を行いやすくするためです。

この「死亡登録証」の原本は、再発行ができませんので保管には十分注意しましょう。

遺体は、
基本的にタイ国法令に基づき、医師による死亡診断、もしくは、警察の検死官による検死を行い、
必要があれば大学病院での病理解剖、警察病院での司法解剖が行われます。

戸籍謄本
戸籍謄本はあらかじめ用意しておかないと、無縁仏になる可能性があります
古くてもよいので、死亡した日本人の戸籍が載っているものが必要です

死亡届書 2通
死亡届出用紙(A3)は領事館にて無料でもらえます
また、こちらからココダウンロードも可能です
A4で印刷してA3に拡大コピーが必要です

具体例

2016-05-30.png

書き方記入例

S_4394862413579.jpg





日本人が死亡した場合、届出が困難な人がいます

タイ国内に長期滞在していながら領事館に「在留届」が未提出の方です
また、在留届が出されていても、日本の連絡先がいい加減で役に立たない方もいます
遠い異国の地で最期を迎え、誰かに申請を依頼しなければなりません
きっちりとした対応ができる環境を自分で作っておきたいものです

遺族年金を申請する方へ
この死亡届出書が領事館に提出後、
1.5~2か月後に日本の戸籍が抹消登録されます
「死亡者の住民票の除票」請求は2か月を過ぎてから請求します

大事な届がもう一つ
日本年金機構に電話連絡して年金受給の仮止めをします

これをしないと過払いの年金が発生する可能性があり
後で清算に苦労します・もらい得はありません





タイの文化に触れる 門塀に赤い服

タイの情報通は「赤い服」といえば
数年前のタイ国内の政治闘争を思い出すでしょう
軍事政権が誕生するキッカケになった、この闘争はいまだに解決の出口が見えません

タイの風習
北タイの田舎では、門塀に赤い服をぶら下げている家があります
(わが家は「タクシン派」です  という意味ではありません)

2016528

魔除けと幽霊除け
夜中に幽霊が来た時に、「この家には男はいません」という意味です

幽霊の名前は「ピーメーマーイ」です
この幽霊は「一人では寂しくて夜眠れないので、男を探し回る」女の幽霊です
幽霊の素性はわかりませんが「赤い服を見ると」その家には男がいないと思って入ってこないそうです

ちなみに、タイ女性の呼び名に
メーマーイメーハーンの呼び方があります

メーマーイとは、旦那に死に別れた女性を指します

メーハーンとは、旦那と単に離婚した女性を指します



ピーとは幽霊の意味で、
これに旦那に死別したメーマーイをつけて
ピーメーマーイという、怖い幽霊になります

夜中に旦那が突然死で逝った時には
ピーメーマーイに連れていかれた と噂されます

タイ語一口メモ
日本語で「ピー」と発音すると一つですが
タイ語は代表的に
「年」「年齢」「お姉さん」「幽霊」などががあります
それぞれ、発音と発声、抑揚が違い、タイ語を勉強する人を悩ますことになります