タイから日本へ郵便物を出す

タイから日本へ郵便物を出す
201703011.jpg

手紙やはがき、書類など送りたいときに、郵便局を使います。

普通郵便なら3バーツ程度ですが、

タイの郵便事情はかなり心配なところがあります。


「現況届」など、大事な書類や失くしたくない荷物を送る場合は、

「書留郵便」や、「EMS(国際スピード郵便)」が安心です。

例)現況届を書留で日本に出した場合の金額は84バーツ(約260円)でした。



 
ไปรษณีย์(プライサニー)郵便局から郵送依頼

 郵便局のカウンターで、郵便局係員に尋ねられる言葉は、2種類です。

 「普通郵便ですか?書留ですか?」です。

 その時は、下の文を指さして依頼すれば、困ることはありません。

      ธรรมดา(タマダー)普通郵便

     ลงทะเบียน(ロンタビアン)書留郵便

また郵便局では郵便サービスの他に、

送金、切手や郵便局にちなんだグッズの販売、タイ王室関連商品、

お守りやハーブ製品などの物販、地方の名産物のお取り寄せなどのサービスを行っています。





,
スポンサーサイト

非居住者は日本へ送金できない?

2017年2月に帰国したAさんの話です。

チェンマイの銀行から1月に日本の自分の口座に送金しました。

帰国して、自分の口座を確認した所、銀行から「マイナンバーを提示してください」と言われ慌てました。

市役所に住民登録して「マイナンバーをすぐに発行して」と頼みましたが、「早くても2週間かかる」とういうつれない返事です。

201702262


Aさんは、65歳のとき、チェンマイの気候を気に入り「チェンマイに骨を埋める」覚悟で移住してきました。

日本の住民票を抜いたので、非居住者となりました。

年金機構からの振込はタイの銀行に入金依頼しています。

全財産のタイの銀行口座は100万バーツ(約300万円)を維持して、ビザの更新も楽にこなしていました。

201702265.jpg


しかし、70歳を過ぎた頃から、

糖尿病に罹り、血圧も高く、ロングステイに体力的限界を感じ、日本での治療を決意して帰国となりました。

帰国の際に現金の持ち歩きは危険と思い、

タイの銀行口座で、日本円に両替して、日本の自分の口座に振り込んだわけです。

「帰国後、簡単に預金を引き出せると思っていた」とAさんは言います。




<非居住者による海外送金の条件>

・日本国内の金融機関の本支店に開設された預貯金口座への、国外からの送金であること

・非居住者である(国内に住んでいない)ことを、金融機関に正式に届け出ていること



マイナンバーのない非居住者が日本国内へ送金を行う際には


「非居住者」であることを正式に届け出る必要があります。


(具体的な手続きについては、口座を開設している銀行にお尋ねください。)




◆海外送金にマイナンバーが必要な理由とは?

「そもそも、銀行の手続きにマイナンバーが必要なのはなぜ?」

と疑問に思う方もいらっしゃるかと思いますが、

その理由は銀行から税務署に提出する法定調書にあります。

マイナンバー制度の導入によって法定調書の書式が変わり、

マイナンバーの記入が必要となったため、

日本の銀行は海外送金などの際にマイナンバーの提示を求めるようになったのです。


なお、マイナンバーの提示が必要となるのは、海外送金だけではありません。

具体的に、銀行との取引においてマイナンバーが必要になるのは下記の通りです。

<マイナンバーの提示が必要となる主な取引>


・投資信託・公共債など証券取引全般

・マル優、マル特p

・財形貯蓄(年金・住宅)

・海外送金(支払い・受け取り)

・信託取引(金銭信託など)




<非居住者の銀行口座>

非居住者の多くは、Aさんのように

日本で持っていた口座をそのまま利用しているのが大半でしょう。

しかし、ほとんどの銀行では、

「日本非居住者」は銀行口座を持てない決まりになっています。

証券口座も同様で株の売買はマイナンバーなしではできません。

銀行の口座は、本来は海外へ出るときに、解約か凍結の手続きをしなければなりません。

マイナンバー制度とは関係なく、非居住者は日本に口座を持てない仕組みなのです。

しかし、銀行から特に確認は無いので、非居住者の大半は継続して利用しています。



厳しい意見として、

201702263

「非居住者は、口座を閉鎖してから海外に行くべきであって、

そもそも自分名義の銀行口座が国内に残っているのはおかしい」

「海外送金以前に、非居住者は、口座を閉じないで海外に行くのが脱法行為だ。」

という意見もあります。

ですが、これを厳格に適用したらどうなるのでしょうか?

非居住者は日本の銀行システムにアクセスする手段が全く無いということになります。

そもそも、日本で決められている非居住者とは範囲が広いです。



非居住者になるパターン

会社の転勤で、自分の意志と関係なく赴任している駐在員も非居住者ですし、

海外ボランティアで派遣されているひと、海外の大学に留学している人、

海外の企業に雇われて働く人、こうした人も非居住者になります。

もちろん日本国政府の在外公館の職員も非居住者です。

チェンマイの日本人高齢者は退職後、

年金だけで暮らしていけなので、やむなく海外で生活している人も多くいます。

これらの人がすべて、海外転出時に、口座を閉鎖してから行けというのは、とうてい現実的ではありません。

海外に転出するなら
「日本とのつながりは、すべて断ってから行け」的

なものになっているというのは、現代にマッチしていません。



迂回送金
日本在住でマイナンバーがある他人(家族含む)の口座に一回振り込み、

そこから再度国内送金してもらうというものです。

誰かに代わりに受けとって貰えばいいから大きく騒ぐ自体じゃないじゃないと指摘していますが、

こういった迂回送金というのはマネーロンダリングと呼ばれる行為そのものです。

マイナンバーの運用により普通の人が迂回送金をするのは、本末転倒でしょう。

また、一定額(110万円)以上を他人名義に振り込むと贈与税の税務リスクも生じます。



海外から送金が本当にできないか?

内閣府・金融庁は

「マイナンバーがないことのみを理由として、金融機関が海外からの送金等を拒否することはない」と発表。

下記の条件に該当する場合、海外送金はできるとしています。

◆現時点で、海外送金を可能にする方法は2つ

本来、日本の銀行口座は“日本国内で生活する人”しか持てず、

海外へ居住地を移す際は口座を解約するのがルールですが、

非居住者の多くは、日本で生活していた頃に開設した日本国内の銀行口座をそのまま利用しているのが現状です。


また、日本の銀行も居住地の確認等を行っておらず、

これまで暗黙のルールで非居住者の海外送金を許可してきたものと思われます。

しかし、マイナンバー制度が開始された現在、

原則としてマイナンバーがないと海外送金できません。

今まで通りに海外送金を行う方法としては、下記の2つが考えられます。

<2016年以降の海外送金を可能にする方法>

1.一時帰国して、マイナンバーを取得する

 まとまった期間、帰国できるようであれば、日本国内に戻り住民票を取得します。

 その後、国が発行したマイナンバーを銀行に提示します。

 「マイナンバーは個人に付けるものなので、一生変わりません」ですが、

 銀行に届け出した後、再び、非居住者になったらどうなるかは確認できていません。

 (読者からの情報をお待ちしております。)


2.金融機関に、非居住者として正式に届け出る

 非居住者として届け出れば、これまで通り海外送金できると

 内閣府は発表していますが、その際の銀行の対応はさまざまで、

 「非居住者口座」の開設が必要になることも。


 また、一定の猶予期間内にマイナンバーの取得が条件となることもあるようです。

 
※現時点で、銀行に「非居住者」として正式に届け出れば、


  今まで通り海外送金を行えるようですが、その対応は銀行によって異なります。



 また、今後の状況によっては銀行の対応が変わる可能性もありますので、

 
詳しくは、口座を開設している銀行に直接、問合わせるのがいいと思います。



2017年1月現在
以下の4つの銀行は、現在口座を持っている人であれば、

2018年末までは猶予期間として送金可能とのこと。

(東京三菱UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行・りそな銀行)



マイナンバーの無い非居住者の銀行口座
※海外送金
  2018年末までは一部の国内居住者用の預金口座、非居住者用口座で利用可能
※預金口座
  2020年末までキープ可能。新規開設も可能
※証券口座
  既に持っているものは2018年末までキープ可能。新規開設は不可

 注意としては、マイナンバー関連のお知らせを確認しておきましょう。

 非居住者は自分が利用している金融機関やサービスの、

 マイナンバー関連のお知らせには必ず目を通しておきましょう。









日本人の国外退去

2016年8月に
チェンマイ在住の日本人が国外退去させられました。


こんな情報を、ある方から寄せられました。

201701262


原因はタイ人妻への暴力で、

タイ人妻が耐え切れずに警察に通報して

日本人夫は警察に収監され、国外退去となりました。

この日本人は、二度とタイに入国は出来ないとのことです。


内容不明で、その日本人に経緯を聞くこともできませんでした。




最近のはタイ国内において

夫のDVや妻のDVが騒がれており

タイ警察もその事実が確認されれば、収監して取り調べ

場合によっては、外国人は国外退去の手続きが取られます。



ある事例

日本人72歳 タイ人妻40歳 結婚歴10年

タイに遊びに来て、チェンマイが気に入り

ロングステイビザを取得(60歳)しました。

その後、日本語が少しできるタイ人と知り合い62歳で結婚しました。


600万バーツ(約1,800万円)でチェンマイ市内に

彼女名義で家を購入、ベンツを2台購入して

安心して一生をこの地で過ごすつもりでいました。



それから10年経って

脳梗塞を患った日本人夫は右半身がききません。

「毎日イライラの日々となり」夫婦喧嘩が多発するようになりました。


この男性は「頑固で亭主関白」だったようで、

タイ人妻にもつらく当たり、口汚く罵ることが多く

物を投げつける日もありました。


そんなある日、

物を投げられ頭部に当たりました。

医者で治療したあと、身の危険を感じて

タイ人妻は警察に行き事情を話しところ

その日のうちに、日本人夫は逮捕収監されてしまいました。


警察と入国管理局が出した答えは

「国外退去」です。


慌ててタイ人妻は役所に掛け合い

「嘆願書を作成」「知り合いの警察官」などに頼み込んで

この日本人夫の国外退去を阻止することができました。

201701261



その時の条件は

*二度とタイ人妻にDVをふるわない

*もし、今回と同じことをしたら、即国外退去


を言い渡され、誓約書を書いたそうです。



タイ人妻からの相談例

日本人夫の介護のために

タイ人妻の弟を頼みました。


日本人夫は78歳で最近物忘れが激しく

おそらく、アルツハイマー型認知症の初期症状と思われます。

糖尿病で椅子に一日中腰かけています。

しかし、突然大声を上げたり、暴れることがあり、

怖くて、その結果、弟を呼び寄せ二人で看病を始めました。


しかし、夫はこのことが面白くなくていつも怒っているそうです。

お手伝いのタイ人女性を雇ったこともあるが

定着率が悪く、夫に睨まれるのが怖くて、一日で逃げ出したお手伝いもいたそうです。


日本人夫には、日本に身寄りもなく

どのように今後したらよいのかを相談されました。

読者の方でしたら

どのようにアドバイスされますか?





上の事例に近いことは、耳にすることが多くあります。

タイ人妻を持つ日本人は

ここがタイであることを忘れてはいけません。

私たちは招待状をもらってタイに住んでいるわけではありません。

タイに好きで来て、好きに暮らしているわけで、

不満はあっても我慢をしなくてはなりません。

極論を言えば、「嫌であれば出て行きなさい」です。



この地を日本と比べれば

インフラもタイ人の学力、計算能力など劣ります。

時間にもルーズだし、タイ語を勉強しない日本人は住みにくいはずです。


日本と比べることを卒業しなければ

住みよい地は一生涯見つからず、幸せも寄ってきません。





見守りシステム

日本国内において「見守りシステム」が

安価で簡単に利用できるようになってきております。

今後、益々の利用者の利便性を向上してもらいたいと思います。



日本郵政グループの「iPadで高齢者見守り」

日本郵政グル-プの日本郵便は2016年11月17日、

米アップルのタブレット端末「iPad」を利用した高齢者向けの「見守りサ-ビス」を

今年(2017年)3月にも全国展開する方針を固めた記事が11月18日産経新聞に掲載された。

発表によると

1人暮らしの高齢者などの生活を支援する

「郵便局の見守りサービス」について、内容やエリアを10月から拡充すると発表しました。

警備大手のセコムやアルソックと連携し、緊急時の「駆けつけサービス」をオプションとして提供する。

現行で1道5県567局のエリアは、1都1道11県738局まで広げるという。



これは、地域に密着した2万4千局のネットワ-クとITを活用した新事業であるが、

「みまもりサ-ビス」は、米国IBM、アップルと共同で昨年10月から山梨、長崎で試験的に実施していた。

両社が開発したアプリをインスト-ルしたアイパッドを高齢者に利用してもらうことで、

離れた場所に住む家族が高齢者の健康などを確認できる。

利用料はアイパッドの貸出料も含めて月額3千円程度とし、

4年後には50万人の利用者を目指している。警備会社が高齢者の緊急時に駆けつけるなど、

他事業者と連携したサ-ビスの拡充も検討している、このサ-ビスは、

高齢者にアイパッドを教える必要があるなどの人手がかかる難点がある。

しかし、過疎地に広がる郵便局ネットワ-クを生かせれば、十分に収益を確保できると判断している。

今後はアイパッドだけでなく、アンドロイドのタブレットへの対応も予定している。



セコムによる「救急通報機能を備えた活動量計」

セコムは2016年12月21日、

救急通報機能を備えた活動量計「セコム・マイドクターウオッチ」を開発したと発表した。

リストバンドタイプのウエアラブル端末に組み込まれたセンサーにより

転倒、脳梗塞、心筋梗塞などの異常を自動的に検知して救急通報を行うほか、

歩数や消費カロリーなどの活動量を計測して健康管理を行う。


異常の通報を受信したら緊急対処員が自宅に駆け付ける。

必要に応じて救急車の手配も行う。

2017年1~3月にかけて試験利用を行い、同年初夏からサービスを開始するという。

従来のものは端末を操作して急変を通報したが、操作が不可能な場合が多かった。

新たに発表された端末は自動的に異常を検知し、緊急通報を行える。

人体への影響などの問題について検証が必要であるが、画期的なシステムとして注目される。





北タイで「見守りサービス」を展開しているNSD社も同様のシステムを開発中とのこと。

独居者などにとって心強いシステムであり、早期の実現に期待したいものです。






外国人の戸籍、外国人と結婚した人の戸籍

外国人の戸籍、外国人と結婚した人の戸籍

外国に住む日本人、日本に住む外国人など、

近年では国際交流が進んでいる影響で、国際結婚が増えています。

外国人との婚姻を日本の市区町村役場に届出ると、性別にかかわらず

日本人配偶者が新たに「戸籍筆頭者」となり親から独立した新戸籍がつくられます。



タイ国の女性と結婚した日本人男性の場合をとると、

日本人男性が戸籍筆頭者となります

これとは逆に、タイ男性と婚姻した日本女性の場合は、

日本女性が筆頭者となります



結婚に際して「入籍」という表現をすることもありますが、

外国人との国際結婚の場合には、外国人は戸籍そのものには入らず、

日本人配偶者だけの新戸籍が作られるのですから、

入籍という言葉では表せません


配偶者となる外国人については、

戸籍の本欄には記載されず身分事項の欄に

婚姻届出の年月日、外国人配偶者の国籍、氏名、生年月日が記載されます。


外国人配偶者のことが記載されるのはここだけで、

氏名はカタカナ表記(漢字を使用する国もありますが、

使う漢字は日本の正字に限られており中国の簡体字などは使用できません)です。


もし、外国人配偶者の氏を名乗りたい場合は、

婚姻後6ヶ月以内に氏の変更届出をする必要があり、

6ヶ月を過ぎてからの変更は家庭裁判所での許可が必要です。


日本人と外国人の夫婦の子どもが外国で生まれた場合、

父か母のどちらかが日本人であれば、

生まれてくる子どもは、日本国籍を取得します。


従って、日本人が生まれるのですから、

子どもが生まれた日から3ヶ月以内に、

その国に駐在する総領事館又は本籍の市、区、町村役場に、出生の届出をしなければなりません。

また、生まれた子が外国人である親の国籍を取得したり、

その国で生まれた者すべてに国籍を与える制度を採用している国で生まれた場合は、

その子は二つ以上の国籍を持つ重国籍者となります。

その場合は、出生の届出と一緒に、国籍留保の届出をしないと、

その子は、生まれたときにさかのぼって日本の国籍を失います。


また、重国籍者として生まれた者は、22歳までに、いずれか一つの国籍を選択しなければなりません。





,

一時帰国で住民登録をする

多くの海外移住者で非居住者が持つ疑問?
非居住者が一時帰国で日本への住民登録ができるのか


201612251.gif



チェンマイ在住の日本人からご意見を頂戴しました。

家族はタイ人妻と子供一人(2歳)(戸籍謄本記載済み)です。

住民票は10年前にタイに来るときに抜きました=非居住者

日本への一時帰国(14日間)した場合、住民票を戻すかどうか、悩みました。

友人に聞くと、短期滞在であっても「戻す人」「戻さない人」と、まちまちです。

結局、小さい子供がいたので、帰国中だけ住民票を戻し、国民健康保険に加入しました。



大きな疑問、非居住者が一時帰国中に住民票を戻せるのか?



区役所の担当者曰く、

「ここに生活拠点がある」場合は、住民票を戻す必要があり、

「生活拠点がある状態」というのは、目安として日本に1年以上住む場合をいう。


これは、区役所担当者の言動で、民法上で定義されていません。

あくまでも担当者の一つの判断材料でしかないのです。


少し法律を見てみましょう。



Q.生活の本拠(拠点)とは何ですか

A.「生活の本拠(拠点)」は、その人の事情で異なります。

  何を根拠として生活の拠点と見なすかについては、学説上の解釈ですら明確なものではなく、

  主観と客観の微妙な狭間に存在しています。つまり、ある程度の客観的な根拠があれば、

  本人の主張(ここが生活の本拠とする主張)を誰も否定することはできません。

  役所の窓口や友人が

  「単身赴任の場合でも、単身赴任先に住民票を移動させなければならない」

  「過料に処せられる」と言ったとしても、

  それは単に法に詳しくない方の意見になりますので、参考にしてはいけません。

   出典元:http://住民票.com



民法第22条(住所)解説趣旨

 本条は、民法における住所の定義について規定しています。

 民法では、その者の生活の本拠となっている場所を、その者の住所としています。

 つまり、本条により、生活の本拠=実際に住み、生活の中心となっている土地の住所を、

 その人の住所とする、ということです。

 住民票の住所=民法上の住所とは限らない

 本条の規定は抽象的な表現であるため、明確な定義であるといはいえません。

 このため、実際の住所は、それぞれの事情を客観的に総合して判断されます。

 例えば、住民票の住所であるからといって、

 必ずしも本条でいうところの(つまり民法における)「住所」とされるとは限りません。

  出典元:http://民法条文解説.com



このように、民法上は、客観的な事実と主張によっては、

短期滞在であれども住民票を戻せることになりますが、

民法上の規定が曖昧な分、役所ごとに対応が違っていて、

担当者によっては短期滞在での転入は嫌な顔をされたり、拒否されることもあるようです。



区役所で、1年以上居住するかどうか確認されたので

「その通りです」と答え、

その上で、「すぐに海外に転出するかもしれない。」

担当者は「転入した翌日から転出は可能なので、それは全く問題ない」という回答。

1年以上の居住を確認しておきながら、
翌日に海外転出してもOKという論理破たんである。





住民票を移すメリット

住民票を戻すことで、色々なメリットがあげられます。

国民健康保険に加入できるため、医療費が1割~3割になる

これは言わずもがなです。何より、国保に加入できるのが一番ありがたいところです。

市町村によっては、子どもの医療費が無料になる

子どもに関して言うと、乳幼児医療証が発行される市町村が多く、

市町村によっては中学3年生までは

医療費が無料になることもあるし、歯科治療も無料対象というところも多いです。



児童手当がもらえる

これも子育て世帯には嬉しいところです。支給対象は中学生までで、支給額は下記の通り。

児童手当の支給金額・3歳未満と3人目以降のこどもが15000円・3歳以上から小学生と中学生が10000円

 出典元:http://jidouteate.com/


気を付けてほしいのが、児童手当は月をまたいで滞在する場合でないと支給されないこと。

つまり、同月内の転入・転出の場合は支給されません。



印鑑証明が取得できる

201612252.jpg




住民票を戻すデメリット

住民税の支払い義務

ただし、これは1月1日に日本に滞在していた場合です。

年末年始を挟んで帰国する場合を除いて、関係ありません。

1月1日に日本に滞在していたとしても、前年度に日本国内での収入が無かった場合は、

住民税はゼロになります。


国民健康保険料の支払い義務

保険料は月単位での計算で、加入した月から支払い義務が発生します。

ただ、保険料の起算日は月末なので、保険料の計算にはくれぐれもご注意を。

ちなみに、月をまたがない、同月内の転入・転出の場合は、保険料はかからないことになります。

【3月1日に転入した場合の、保険料の例】
3月30日に転出:0円
3月31日に転出:3月分のみ請求
4月15日に転出:3月分のみ請求
4月31日に転出:3月、4月分の請求


国保の保険料は、市町村によって異なりますが、日本国内の収入がゼロだとすると、

最低ランクの月額1万円程度になると思われます。

201612253



要注意なのが、

1~3月分の保険料は2年前の年収入を、

4~12月分は前年の年収をもとに計算される点。

そのため、海外居住歴がまだ2年足らずという場合、

2年前の日本国内の収入で計算されて、

保険料が月額5万円を超えるなんていうこともあり得るわけです。



年金の支払い義務が発生する

年金をもらっている方が多いのでこの項目は関係ないかもしれません。

保険料は月単位の支払いとなります。

転入日が加入日となり、その月から支払い義務が発生します。

国民健康保険と違って、同月内の転出・転入であっても1ヶ月分を支払う必要があります。

ただし、日本国内での収入がない場合は免除される可能性もあります。

同月内の転出・転入は、収入がないという書面に署名することで、納付が免除されることが多いです。



子供の学校入学が義務になる

学童期のお子さんがいる場合は、学校への入学が義務になります。

子どもにとっては、日本の学校を体験することができるし、

日本語能力も一気に上がるだろうし、これはむしろメリットといえるのかな。

ただ、帰国中には親戚友人に会いに行ったり、旅行に行ったりと、いろいろ予定が詰まりがちと思うので、

都度学校を休ませるのというのも難しいかもしれません。

海外在住者のマイナンバー

マイナンバーは、2015年10月に日本に「住民票がある人」に発行されています。

非居住者は、一度日本に帰国し、住民票を入れるまで、マイナンバーは発行されません。

ただ、今後、銀行口座の開設、海外送金、医療機関の受診、仕事、年金受け取りなど、

いろんな場面で必要になるマイナンバー。

2016年1月からはすでに銀行口座開設や海外送金で、マイナンバーが求められるようになっています。

まだ混乱期とも言われていますが、発行までの期間は、

市町村次第ですが、2週間程度で自宅まで送付されてきます。

カードが手元に届けば、銀行口座の開設もできるようになります。

ただし、海外に転出した場合、マイナンバーは無効になるため、

帰国している間に口座開設や海外送金を済ませておくべきでしょう。

ただ、一度採番された番号は一生変わることはなく、

再び転入した際には同じ番号を使うことになります。

そのため、一度取得したカードをスキャンして画像取得してしまえば、

再び海外転出した後も口座開設などの証明画像として使えてしまうような・・・気もしますよね。

これは完全に不確かな情報ですが。





一時帰国の際に住民票を移すことは

国の制度である住民票の転入や国民健康保険の受け入れが、

市町村ごとに対応が異なるというのは、なんともおかしな話です。

医療費の問題もあって慎重になるのも理解できますが、

マイナンバーや印鑑証明などにも関わることなので、

制度の一貫した対応を望んでやみません。





保証人や身元引受人とは?

入居で求められる保証人や身元引受人とは?

「身元引受人のいない」高齢者や独居老人の増加

201612081.png



身元引受人や保証人のいない高齢者が増加している現状について

借家、アパート、老人ホームへの入居時にはほとんどの不動産会社や介護施設が

「身元引受人や身元保証人を必要」としていることが

多いというのはご存知の方も多いかもしれません。

「高齢者住宅財団」が実施した

「サービス付き高齢者向け住宅等の実態に関する調査研究」においても、

約8割のサービス付き高齢者向け住宅で身元保証人や身元引受人を必須としています。

身元保証人は、その多くが家族にお願いすることが一般的ですが、

「身寄りがいない」
「身寄りはいるが高齢のため身元保証人になれない」
「身寄りはいるが、疎遠、もしくは遠くにいるのでお願いできない」
「お願いしていた身元保証人が死亡したため新たに保証人が必要」


など、様々な理由から頭を悩ませていらっしゃる方もいるかもしれません。

しかしながら、近年の未婚率の上昇や、

一人暮らしをする高齢者数の増加に伴い、

こうした身元引受人をお願いできる家族がいない、

という高齢者の方も増えてきています。

総務省の発表する「高齢者白書(2014年)」の統計を見てみると、

一人暮らしをする高齢者は全国に486.8万世帯、

夫婦のみの高齢者世帯は633.2万世帯にのぼり、

年々その数も増加傾向にあります。

内閣府が発表している

1980年から2035年にかけての一人暮らし高齢者の実績値・推計値のグラフ

201612082.jpg


一人暮らしになる

夫婦で暮らしていたとしても、

突然どちらかが他界してしまえば一人暮らしになってしまいます。

今はお願いできる人がいたとしても、

将来、身元引受人がいなくなるのではないかという不安を抱える

高齢者の方は今後増々増加すると見られています。




保証人や身元引受人がなぜ必要なの?

多くの不動産会社、医療機関や老人ホームなどの介護施設が求める

保証人や身元引受人は、そもそもなぜ必要なのでしょうか?

身元引受人に対するはっきりとした法的根拠があるわけではないのですが、

入居契約などにおいて必要とされる身元引受人には、

主に以下のような役割があります。

家賃などの支払いにおける経済的保証

借家アパートを契約する、介護施設に入所する、

病院に入院する際に必ず発生してくるのが料金などの支払いです。

家賃や入院費、食費などの月額利用料の支払いが万が一遅れてしまった際に、

身元引受人がいない場合は「連帯債務」を負う人に、これらの支払いを求めることができます。

介護施設の中には、身元引受人とは別に、

この役割を与えられた支払い能力のある保証人も必要となるケースもあります。

事故や病気、死亡時など緊急時の連絡先として

高齢になり、持病を持っていたり介護を必要としたりする場合、

どうしても事故や急変などのリスクが高まります。

また、年齢を重ねれば認知症などにより判断能力の低下などの可能性もあり、

医療処置や介護方針などにおける本人の意思決定ができない場合も少なくありません。

急変時や事故の際の緊急連絡先として、

若しくは本人に意思決定が難しくなった場合の判断者として、

身元引受人に判断を求められることになります。


死亡後の退居手続きや身柄引き取りなど

万が一、死亡してしまった場合の

ご遺体の引き取りや葬儀の手配などに関する責務を負う役割が身元引受人にはあります。

また、亡くなられた後の退居時の荷物の引き取りや

医療費、利用料の未払い分の清算をする責任が身元引受人には求められます。

誰でもいい、という安易な考えで任せることのできない

大切な役割と責任がある身元引受人や保証人は、

身寄りがいない方はもちろんのこと、疎遠になっている家族にお願いしても

拒否されることが多々あるため、「身元引受人がいない…」という高齢者の方が少なくないのです。



身元引受人と成年後見人は違う?

身元引受人と成年後見人との違いについて

身元引受人
入居者が病気や事故、死亡、支払い能力の低下時に相談や協議、対応を行う人

保証人
利用料金・家賃などの支払いの義務や債務を入居者が支払いが難しくなった際に負う人

成年後見人
入居者の判断能力が低下した場合、本人に代わって契約などの財産管理を判断・代行する人


上記でご説明したような「身元引受人」とよく似ているのが「成年後見人」です。

成年後見人がいれば身元引受人がいなくても入所可能な施設もありますが、

実は成年後見人と身元引受人の役割は似ているようで大きく違います。

上記の表にある通り、成年後見人は民法上で定められた法律上、

本人の財産管理をする権利が与えられた「法定代理人」です。

そもそも、成年後見人が立てられるのは、

本人が認知症などにより判断能力がない場合であり、

そうした場合に本人に代わって契約や税金の支払い、財産管理などを行う役割を担っています。

基本的には、成年後見人はあくまでも入居者の財産管理を行う「法定代理人」ですから、

債務の負担などを負う役割はありません。

そのため、介護施設の運営会社が身元引受人に対して

家賃など請求する費用の「連帯責任者」としての役割を据えている場合、

成年後見人は身元引受人のような役割を担うことは実務上難しいといえます。

また、認知症など判断能力が低下していないと

そもそも成年後見人を立てることができませんから、

自立した高齢者の方やご自身で契約などの判断ができる状態にある方は、

成年後見人を身元引受人の代わりに…という手段をとることも不可能と考えていいでしょう。



身元引受人がいない場合は

借家やアパートの入所、老人ホームへ入所できないのか、

といったらそんなことはありません。

身元引受人がいないとしても、いくつか方法があります。

ご自身の状況と照らし合わせて最良の選択をしていきましょう。



身元引受人がいないときの解決方法

身元引受人がいないときの対策について

民間会社が行っている身元引受人を代行するサービスについて

まだまだ元気なうちは、民間会社などが行っている

身元引受人サービスなどを利用するのもひとつの方法です。

家族などに変わって、身元引受人を代理就任してくれるこうしたサービスでは、

入居時における手続きのサポートや、

病院への緊急搬送時の対応、財産管理などを有料で請け負ってくれるサポートなどが受けられます。


しかし、身元引受の民官の会社も最近は倒産するケースがあり

そのために、身元保証が受けられない方が

再契約できないで困り果てている現実もあります。


こまめに情報収集することが必要です。





「みんなの介護」から記事を抜粋しました。

眼科診断顛末記

一時帰国・眼科診断顛末記

近年、高齢化に伴って白内障の手術が増えている。

10月上旬、1年ぶりに山形の田舎に一時帰国した際、妻の白内障の手術をしてもらおうと考えた。

実は2年前、チェンマイで右目を手術している。

今度は左目。

電話予約は出来ないので日本在住の娘に下調べを依頼しておいたが、

「山形市内の病院はどこも混んでいるらしい」との情報。

一時帰国後、田舎の町医者ならば大丈夫かとS市の町医者に行ってみた。

此処は1年ほど前に弟の嫁が手術してもらった眼科医。

チェンマイの病院の診断書(英文)を持参したが、改めて診断を受けさせられた。

「手術は3月先になるとのこと。」

しかも、「手術後も事後観察のため頻繁に通院をしなければならなない」とのこと。

「レンズに対する拒否反応がありうる」という。

無論、そんなに長く滞在する気はない。

無駄な手数と費用をかけた。

それに、チェンマイの病院ならそれほど拒絶反応の心配はしない。

翌日、念のため山形市立病院に行ってみたが、やはり「診断を受けろ」と言う。

「手術をするとしたらいつになるかは医師でないと分からない」とのこと。

S市の町医者と同様、緊急の手術は無理と判断。帰国中の手術は諦めた。

近くチェンマイで手術する。緑内障の方も手当してもらい、費用は5~6万バーツとのこと。

投稿:チェンマイ在住Sさん


孤独死inチェンマイ

「日本が恋しい」 チェンマイで高齢者の孤独な死

 「日本に帰りたい。恋しい」タイ北部チェンマイ郊外。

日本人男性がこう言い残し、81歳の生涯をひっそりと終えた。

物価が安く、定年後の移住・滞在先として日本人に人気があるタイ。

一方で孤独に亡くなる高齢者も急増している。「日本を捨てた人たち」の最期を追った。
 

路上にごみが散乱し、放置された廃車が目につく貧困地区。

薄暗い一軒家に住んでいた日本人男性が亡くなったのは、2月のことだ。

癌だった。

日本で暮らす兄弟は遺骨の引き取りを拒否し、内縁のタイ人女性がチェンマイの川に散骨した。


この女性によると、男性は東京都で生まれ、タクシー運転手をしていた。

「物価が安い」と約20年前にタイに移り住んだが、言葉ができずに孤立。

部屋にこもり、テレビを見たり本を読んだりして過ごす毎日だった。

女性は「仕事をせずお金に困り、入院費も払えなくなった」と振り返る。
(ロングステイビザでは仕事などで収入を得ることは許されていません)

こうした事例は珍しくない。近くの団地に住む80代の日本人男性も同時期、闘病の末に息を引き取った。

近隣住民との交流はほとんどなかった。

タイ人の妻らが葬儀をすませ、日本にいる娘たちは参列を拒んだ。


街中をさまよい歩く認知症の患者。

身寄りがなく病院で死を待つだけの生活困窮者。

引き取り手がなく、病院に何ヶ月も安置された遺体。


在チェンマイ日本国総領事館には、

タイ当局から日本人高齢者に関する情報が連日寄せられる。


タイ北部は「第二の人生」を歩もうとする日本の年金生活者らに人気が高く、

在留届を出している高齢者は1,500人を超える。

「タイの人たちに迷惑を掛けたくないので、いずれ日本に帰る」(76歳男性)つもりで、異国生活を楽しむ人が多い。

一方、貯金を使い果たして帰国できなくなり、不法滞在となるケースも。

失業や借金、女性問題を抱え、日本に居場所がない人も多い。

タイは出入国管理が甘いとされ、複雑な事情を抱えた人が集まりやすい。

こうした高齢者は外部との交流を断つ傾向にあり、居場所や生活状況を把握するのは難しいのが実情だ。

チェンマイ総領事館によると、在留邦人の高齢化は年々進み、過去3年間は毎年20人が死亡。

今年は4月までに約15人が亡くなっている。

死後数日たって見つかる孤独死も目立ち、

日本の遺族に連絡しても「一切関わりたくない」と拒絶されるという。

タイだけでなく、フィリピンでも同様の事例が多いとされる。

総領事館の担当者は「日本の高齢化社会の縮図のようなことが起きている。

一昔前まで誰も想定していなかった事態だ」と懸念を口にした。

                         (チェンマイ共同=中檜理)(共同通信社)

おいしいご飯の炊き方inチェンマイ

◇おいしいご飯の炊き方◇

ちょっとひと工夫するだけで、おいしいご飯が!!
まず、研ぎ方のポイントです。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
① 最初の研ぎ汁はすぐに捨てる(糠の混じった水を吸わせない)。

② 2度ほど研いだら、3・4回水を取り換えて優しく米を洗う。

③ 水とともに氷のキューブを入れ、ゆっくりかき混ぜて米を冷やし、

  残った氷は捨てる。多少氷が残ってもかまいません。

④ お米と水がよく冷えたことを確認して、水の量を調整する。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

あとは、いつもの通りスイッチを入れればOK。

此処でのポイントは、何と言っても「氷」を入れて冷やすこと。

研いだ米をザルに取り、冷蔵庫で一晩冷やしても同じ効果が得られます。

ご飯は60度前後で最もうま味成分が出ると言われています。

昔から言われている「はじめチョロチョロ中パッパ」は、まさに先人の知恵ですね。

チェンマイの水は温かいので、すぐに沸騰点に達してしまいます。

なので、冷たい水で炊いてあげれば、うま味成分が出るというわけです。

私は、「カオジャオ」(うるち米)に「カオニャオ」(餅米)を2・3割混ぜて使います。

ここでのポイントは、カオジャオもカオニャオも新米を使うこと。

買い置きせずに、良く売れている店でこまめに買うのもポイントです。

保存は、出来れば冷蔵庫で。

これだけの工夫で、高い日本米と比べても遜色ない美味しいご飯がいただけます。

ちなみに、蜂蜜を入れるとか、油を垂らすとか、良いと言われていることを

いろいろと試してみましたが、効果は見られませんでした。
            
チェンマイ介護研究会・生活支援分科会 

SCCニュース第3号より