松方弘樹さんの命を奪った「脳リンパ腫」

2017年1月21日

俳優の松方弘樹さんが脳リンパ腫で死去した。

74歳だった。

201701083.jpg


私たちの世代にとっては、時代劇の重厚な演技とともに、

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」でみせたひょうきんな表情が記憶に残っている。

ご冥福をお祈りする。

報道によれば、昨年(2016年)脳リンパ腫と診断され、闘病に専念していた。

だが、昨年5月ごろからは意識がはっきりしなくなり、最後には体重が40キロまで減っていたという。


脳リンパ腫とは?

300キロを超える巨大マグロを釣り上げるほど豪快な人をやせ衰えさせ、

死に至らしめた「脳リンパ腫」。…この病名を聞き慣れない人も多いと思う。


私たち病理医が「脳リンパ腫」と聞いて思い浮かべるのは、

「中枢神経系原発悪性リンパ腫」だ。そのほとんどが、

「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」である。


悪性リンパ腫はリンパ系組織の悪性腫瘍で、

リンパ節などに発生することが多いが、脳を中心とする中枢神経に発生し、

他の組織には影響を与えないものを「中枢神経系原発悪性リンパ腫」と定義している。

発生頻度は脳腫瘍の2~4%、悪性リンパ腫の1%未満とされる。

発生年齢は45歳から80歳で60代が多い。

治療しなければ数カ月で亡くなる。


中枢神経に発生するので、ぼんやりしている、

おかしなことを言うなどの精神症状が生じる。

また、悪性リンパ腫の細胞が脳のなかで増えることにより、

脳が圧迫され、頭痛を感じたり、気持ちが悪くなり吐いてしまうなどの症状が出る。

痙攣も生じることがあり、目が見えにくくなるといった目の症状が出ることもある。



治療法は抗がん剤投与(化学療法)と放射線療法だ。

悪性リンパ腫は抗がん剤が比較的効きやすい種類のものが多く、

悪性リンパ腫に関しては「がんと闘うな」という医師はいない。

しかし、脳リンパ腫に特有な問題点がある。


脳には「血液脳関門」と呼ばれる、

脳外から入り込む物質を選り分ける部分があり、抗がん剤が脳の中に入りにくいのだ。

だから通常の抗がん剤が効かず、

脳以外に発生した悪性リンパ腫とは異なった抗がん剤を使うか、

放射線を脳にあてるといった治療法を選択することになる。




脳リンパ腫の中で最も多い

「中枢神経系原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」の治療は、

メトトレキサートと呼ばれる薬を大量に使うことが中心だ。

メトトレキサートは血液脳関門を通過するが、

それでもわずかにしか通過しないので、大量に用いることが不可欠だ。



近年治療法が進歩し、5年以上生存する率も高まってきたが、

治療により脳がダメージを受けてしまうことが問題となっている。


日経グッデイより


つつしんでご冥福をお祈り申し上げます
                      合掌





スポンサーサイト

「片足立ち」1分で50分のウォーキングと同じ

「場所も時間も取らない」のが

嬉しい「片足立ち健康法」

201612201.jpg

地面から5~10センチメートル程度、右足をあげ、1分間片足立ちをします。

このとき呼吸を止めないようにするのがポイント。

左右交互に行う





片足立ちは両足立ちに比べて、2.75倍の負荷がかかります。

テーブルなどに手をついても、OKです。

無理をしないのが最善の方法です。

201612202.png




片足立ちダイエットは、

たった1分で50分のウォーキングと同じだけの効果があるといわれています。

道具も場所もいらず、誰でも簡単に取り組めるのが特徴。

なぜ片足立ちが良いのか?

上半身と下半身のかなめである骨盤は、

日常生活では刺激を加えられることが少ないため、かたく緊張した状態になりがちです。

股関節を開くと骨盤の緊張が緩むので、

骨盤の中だけでなく、全身の血液の流れがよくなります。

すると腸の動きが良くなるので、

体内に溜まっていた便や老廃物がどんどん排出されるのです。

(出典 http://www.kenko.or.jp/topics/0079/36_02.html)

血流がよくなれば脂肪が燃えやすくなり、

余分なものが排泄されることで代謝アップ、やせることにつながります。

片足立ち健康法は

自然に姿勢が良くなるため、

背骨の中を通る自律神経の働きも整えられます。

その結果、胃や肝臓などの内臓の働きが良くなり、

食欲が抑えられるようになり、

大食いをしなくてすむようになるとのことです。





NHK血糖値スパイクが危ない

血糖値スパイクとは

201612031.jpg


上がりすぎも下がりすぎも困りもの、血糖値と健康の気になる関係

食事を取ってからしばらく後に、集中力が低下したり、

急に強い眠気や空腹を感じたりすることありませんか?

もしかしたらそれは“血糖値スパイク”かもしれません。

食後に血糖値が急に上がることが続くと、日常的に不調を感じるだけでなく

近い将来の糖尿病、動脈硬化につながりやすいのです。

適切な血糖コントロールで血糖値スパイクを防ぎましょう!


NHKスペシャルから


血糖値スパイクとはなに?

「脳のエネルギーになるのはブドウ糖だけ」という話を聞いたことがあるかもしれません。

ブドウ糖はこの言葉のとおり、身体を動かす大切な栄養です。

このブドウ糖が血液の中に入ると“血糖”になりますが、

血糖が急上昇する“血糖値スパイク”を引き起こすと、健康上の大きな問題の原因になってしまいます。



「血糖値」ってなに?

血糖値とは血液に含まれるブドウ糖の量の数値です。

食事をして、炭水化物(白米、パン、ジャガイモなど)や

糖(砂糖、水飴、はちみつなど)が消化吸収されると、

ブドウ糖となって血液に入り、“血糖”となります。

血糖は脳や筋肉など身体が活動するためのエネルギーとして使われます。

また、血糖が増えると、すい臓から“インスリン”と呼ばれるホルモンが分泌され、

その働きでブドウ糖は“グリコーゲン”という、すぐに使えるエネルギーとして一時的にたくわえられます。

つまり、食べ物はいったん血液中のブドウ糖のかたちにならないとエネルギーとして利用できないのです。

血糖値は上下するサイクルを繰り返す

このようにブドウ糖は、食事をとって

血液の中に増える⇒インスリンの働きで減る

のサイクルを繰り返し、適度な値を保つようにコントロールされています。

ですが、血糖が増えすぎると、身体に大きな問題を引き起こします。

代表的なものは、ご存知のとおり“糖尿病(2型糖尿病)”。

インスリンによって血糖を調整する働きが弱まってしまう病気です。

多すぎる血糖が血管を傷つけることで、動脈硬化や腎臓の障害、

視神経の障害による視力低下、神経障害など全身に合併症を起こしてしまいます。

血糖値をコントロールするための「第3の数値」

従来、糖尿病を診断し、治療、コントロールするためには

食事前の血糖値を測ることが大切だとされてきました。

健康診断で朝食をとらずに空腹時血糖値を測るのはこのためです。

空腹時血糖値は60~109mg/dL(ミリグラム・パー・デシリットル)の範囲におさまると正常とされています。

また、“HbA1c(ヘモグロビンA1c)”という過去2ヶ月間の

血糖コントロールの状態を示す値も大切とされています。

糖尿病を予防、治療するために空腹時血糖や

HbA1cの値が大切であることはもちろんですが、

この2つだけでなく、近年では第3の数値ともいえる、

食事の後の血糖値を測定、管理することが重要であることがわかってきました。

基準を超えて急上昇する「血糖値スパイク」

空腹時血糖の正常値の上限が109mg/DLと紹介しました。

食事をとると、血糖が増えて一時的にこの値よりも血糖値は高くなります。

ですが、血糖をコントロールする機能が正常であれば、

上がるとはいっても140mg/DLを超えることはほとんどありません。

また、食事から2~3時間たつと正常値の範囲内に戻ります。

“血糖値スパイク”とは、

この食事の後の血糖値が140mg/DLを超えて急に上がることをいいます。

医療機関では、検査や診察の際に“食後高血糖”という言葉が一般的に使われています。

糖尿病にも、血管の健康にも悪影響

血糖値スパイクは、空腹時血糖値が正常の範囲内、

または高めのボーダーライン程度の人にも起きることがあります。

日本人では、2型糖尿病を発病する前や、発病してから間もない人に多いとされています。

つまりは糖尿病の始まり、また糖尿病予備群を洗い出す、ひとつの目安になっているわけなのです。

また、糖尿病になる前から血糖値スパイクそのものが身体に悪影響を及ぼすことがわかってきています。

糖尿病に関する国際団体、国際糖尿病連合(IDF)の

『食後血糖値の管理に関するガイドライン』によると、

「食後および負荷後高血糖は大血管疾患の独立した危険因子である」としています。

これは、血糖値スパイクがたびたび起きることで、

動脈硬化が早いうちから進み、心筋梗塞などの

重大な病気を引き起こすリスクが高まるということなのです。


そのほか、食後高血糖と関連する病気として、

網膜症やがんなどの重大な病気があります。

高齢の2型糖尿病患者の場合、食後高血糖が続くと認知機能に悪影響を及ぼすとされています。

血糖値スパイクで仕事の能率も悪化!?

将来の重大な病気に加え、血糖値スパイクは

日常生活にも困った影響を与えることがあります。

血糖値が急に上がると、その後に今度は急激に血糖値が下がることがあります。

このときの低血糖に伴う症状として、強い空腹感、頭痛やイライラ感、

集中力・判断力の低下などを引き起こすことがあるのです。

血糖値スパイクは、食事のスピードが速い人に起きやすいともいわれています。

働く人で、十分な昼食の時間がなく、炭水化物の多い食事を急いで食べ、

結果として血糖値スパイクからくる低血糖で集中できずイライラ…。

原因がわからないこんな体調不良で悩まされる人も、少なくないようです。




血糖値スパイクの予防・改善方法

GI値、気にしてますか?

血糖値スパイクのような血糖値の急上昇を防ぐには、

適切な生活習慣が大切だといわれています。

まず大切なのが食べ物。

ジャガイモ、精白米のご飯、白パンなどは、GI(グリセミック・インデックス)値という

血糖上昇効果が高い食品に数えられています。

こうした食品を食べる量を抑えてみましょう。

反対に、豆類や玄米、全粒粉のパンなどは血糖値の上がりにくい

低GI食品とされていますから、積極的に取り入れましょう。


食物繊維をしっかり食べましょう

食物繊維には、血糖値の上昇をゆるやかにし、

急激な変動を抑える効果があるとされています。

効果を出すためには、食事のはじめに食物繊維が豊富な野菜を食べることが大切。

日本人を対象にした調査でも、食事のはじめに5分ほどかけて野菜を食べることで、

糖尿病患者もそうでない人も血糖値の変動がゆるやかになる結果が出ています。

早食いはNGです
早食いは急な血糖値上昇につながります。

できるだけ時間をかけて食事をとりましょう。

ゆっくりよく噛んで食事をすると、血糖値の急上昇が抑えられるだけでなく、

苦しくなるほどお腹いっぱい食べることも防げるので、体の負担も軽減できます。


運動で血糖を使ってしまおう

食事の後に運動をすると、

血液の中のブドウ糖を筋肉のエネルギーとして使うので、

血糖値を下げることができます。

食後30分~2時間ほどの間に軽い運動をすることで、

血糖値スパイクを防ぐことができるのです。

あまり激しい運動を食事の後にするのは苦しいですし、

血糖値をスパイクになりにくい身体を作るには持続的な運動が大切ですから、

ウォーキングなど軽く息がはずむ程度の続けやすい運動にとどめましょう。